なかにし 礼

(ナカニシ・レイ)
なかにし 礼(なかにし れい、1938年9月2日 - )は、日本の小説家、作詞家。本名は中西 禮三(なかにし れいぞう)。 満州国の牡丹江省牡丹江市(現在の中華人民共和国黒竜江省)に生まれる。元は北海道小樽市に在住していた両親は、渡満して酒造業で成功を収めていた。終戦後、満州からの引き揚げでは家族とともに何度も命の危険に遭遇、この体験は以後の活動に大きな影響を与えた。8歳の時に小樽に戻るが、兄の事業の失敗などで小学校は東京と青森で育ち、中学から東京品川区大井町に落ち着く。東京都立九段高等学校卒業後、一浪して1958年に立教大学文学部英文科に入学する。中退と再入学と転科を経て、1965年に立教大学文学部仏文科を卒業する(立教仏文の第1期生)。その後、東京に在住。実兄は立大から学徒出陣として陸軍に入隊し、特別操縦見習士官として特攻隊に配属されたが終戦となった。 大学在学中、1963年に最初の妻と結婚する。一女を儲けたが、1966年に別居、1968年には離婚が成立している。 元タカラジェンヌで、シャンソン歌手の深緑夏代に依頼されたことがきっかけで始めたシャンソンの訳詞を手がけていた頃、妻との新婚旅行中に静岡県下田市のホテルのバーで「太平洋ひとりぼっち」を撮影中の石原裕次郎と偶然出会い知遇を得る。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第122回 直木賞

なかにし 礼の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

夜の歌



毎日新聞出版 2016-12-02

夜の歌



毎日新聞出版 2017-01-24
サンデー毎日に連載された「夜の歌」の単行本化。まとめるにあたり大幅な加筆修正を行う。本作品は、著者の咽頭がんが再発し、がんの穿孔による大量出血の危機が迫るなかで書き始められ、自らの人生と表

障害受容からの自由―あなたのあるがままに


田島 明子 編集 /田島 明子 その他 /岡 友恵 イラスト /
シービーアール 2015-10-30

生きるということ (毎日新聞出版)



PHP研究所 2017-04-28
ガンが再発したことを公表し現在闘病中の著者が、生きるということの根源を見つめるエッセー集。2013年に陽子線治療でガンを克服したのち、著者は「サンデー毎日」を舞台として社会的発言や平和に向けた提言を続

生きるということ



毎日新聞出版 2015-06-22
一度読んだだけです、帯付つきです。

生きるということ

¥1728 (⇒¥1642

毎日新聞出版 2015-06-22

赤い月〈上〉



新潮社


なかにし 礼の著書を検索する

なかにし 礼の関連ニュース


なかにし 礼のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、なかにし 礼と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「なかにし 礼」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.