中野 武彦

(ナカノ・タケヒコ)
中野 武彦(なかの たけひこ、1927年 - 2004年9月5日)は、大阪市出身の日本の小説家。 1927年(昭和2年)、大阪市東区(現中央区)内淡路町にあった、古くから続く薬種問屋の三男坊として生まれる。1939年(昭和14年)、旧制大阪府立生野中学校入学と同時に、甲子園口に転居。その後、広島高等学校に進学する。この頃から甲子園口の自宅近くに住む、若き日の畔柳二美との親交が始まった。 1951年東京大学文学部仏文科を卒業し、電通に勤務する傍ら、佐多稲子、埴谷雄高ら作家と交友を深め、「新日本文学」などに文芸評論を寄せた。畔柳二美とは約20年間、共同生活を送った。二美は1965年死亡した。武彦は二美の精神生活を支える誠実な同伴者だった。 自らも作家として活動し、自伝的な文学作品を著した。「樟樹」には武彦の幼少年期、「針槐」には中学・高校時代の生活が描かれ、「公孫樹」は二美の闘病記となっているが、佐々木基一はこれら三部作に対して、「プルーストだね」と感慨を述べたという。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

中野 武彦の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ガルトゥング平和学入門


Johan Galtung 原著 /
法律文化社

地図の教室 (1965年)



古今書院

希望の苑



明石書房

公孫樹 (いちよう)



せきた書房
「北方文芸」1984年8月号~1985年6月号連載

樟樹



創樹社

アメリカ政治経済の争点 (有斐閣選書)


泉 昌一 編集 /山本 武彦 編集 /中野 博明 編集 /
有斐閣


中野 武彦の著書を検索する

中野 武彦の関連ニュース


中野 武彦のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、中野 武彦と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「中野 武彦」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.