中津 文彦

(ナカツ・フミヒコ)
中津 文彦(なかつ ふみひこ、1941年12月23日 - 2012年4月24日)は、日本の作家。 岩手県一関市出身。本名:廣嶼 文彦。岩手県立一関第一高等学校、学習院大学政経学部卒業。ペンネームの由来は家の傍に中津川が流れていたことから。 岩手日報社で報道記者として務めていた1982年、『黄金の砂(出版時は『黄金流砂』に改題)』で第28回江戸川乱歩賞受賞。その後退社して作家活動に専念。1985年には『七人の共犯者』で第12回角川小説賞を受賞。 2012年4月24日、肝不全により逝去。70歳没。 作品リスト 黄金流砂 講談社、1982 のち文庫  喪失荒野 講談社ノベルス、1983 のち文庫  ジンギスカン殺人事件 カドカワノベルズ、1984 のち文庫   特ダネ記者殺人事件 三四郎記者事件帖 講談社ノベルス、1984 のち文庫  “翔んで”もない殺人 三四郎記者事件帖 カドカワノベルズ、1984 のち文庫  伊達騒動殺人事件 奥州八百年黄金伝説 講談社ノベルス、1984 のち文庫  お由良殺人事件 実業之日本社ジョイノベルス、1985 のちケイブンシャ文庫   七人の共犯者 北斗警察物語 カドカワノベルズ、1985 のちケイブンシャ文庫   縄文土偶殺人事件 フタバノベルス、1986 のち文庫  遠野物語殺人紀行 カドカワノベルズ、1986 のち文庫   千利休殺人事件 光文社カッパノベルス、1986 のち文庫   遠眼鏡の中の女 中央公論社Cノベルス、1986 のち文庫    殺意の指揮者(コンダクター)北斗警察物語 カドカワノベルズ、1987 のちケイブンシャ文庫   成吉思汗の鎧 講談社、1987  元禄討入り異聞 銀次郎読売り控 実業之日本社ジョイノベルス、1987 のちケイブンシャ文庫   博多人形恋の殺人 単身赴任者の夜 中央公論社Cノベルス、1987   疑惑の演出者 北斗警察物語 カドカワノベルズ、1988  ラバウルの秘宝 中央公論社、1988 のち文庫  南海北緯17°の殺人 祥伝社ノン・ノベル、1988  はぐれ古九谷の殺人 アンティーク探偵『推古堂』平介 フタバノベルス、1988 のち文庫   秘密 光文社文庫、1988  ラトビアの霧 講談社ノベルス、1988 のち文庫   マリー事件簿の女たち 実業之日本社ジョイノベルス、1989    みちのく王朝謀殺事件 双葉社、1989 のち文庫   山田長政の密書 講談社、1989 のち文庫、学陽書房人物文庫   闇の弁慶 花の下にて春死なむ 祥伝社、1990  乗り合わせた客 トクマ・ノベルズ、1990  闇の本能寺 信長殺し、光秀にあらず 光文社カッパノベルス、1990 のち文庫  西郷隆盛殺人事件 ノン・ノベル、1990 「奥州平泉黄金伝説の殺人」祥伝社文庫  バンコク狙撃指令 カドカワノベルズ、1991  北の殺人怨歌 光文社カッパノベルス、1991 のち文庫  西郷暗殺指令」広済堂ブルーブックス 1991 遠野陶芸の里殺人事件 天山ノベルス、1991    闇の天草四郎 徳間書店、1991 のち文庫  将軍茶碗殺人事件 フタバノベルス、1991  闇の龍馬 光文社カッパノベルス、1992 のち文庫    「乾山」真贋の殺人 トクマ・ノベルズ、1992  「義経伝説」空白の殺人 フタバノベルス、1993 のち文庫  「独眼竜」野望の殺人 祥伝社、1993  破局 光文社文庫、1993  「大奥」背徳の殺人 祥伝社、1993  九つの謎と死角 裏面史の暗号を解く ベストセラーズ 1993.6. ワニの本. 消えた義経 PHP研究所 1994.12. のち文庫  闇の関ケ原 実業之日本社 1994.9. のちPHP文庫 闇の法隆寺 封印された「聖徳太子」の秘密 光文社 1994.11. カッパ・ノベルス のち文庫  興隆と滅亡の方程式 歴史が証明する 人と組織が岐路に立たされたとき 祥伝社 1995.7. ノン・ブック 「興亡の方程式」PHP文庫 斬刑 徳間書店 1995.11. 秘刀 祥伝社 1995.7. のち文庫  政宗の天下 1-3 光文社 1996.9. カッパ・ノベルス のち文庫  義経はどこへ消えた? 北行説の謎に迫る PHP研究所 1996.11 「義経不死伝説」PHP文庫 龍馬の明治 長編奇想歴史小説 1-3 光文社 1997-98 カッパ・ノベルス のち文庫  歴史ミステリー講座 井沢元彦,高橋克彦共著 新人物往来社 1997.10.「歴史ミステリー作家養成講座」祥伝社文庫 秀衡の征旗 長編奇想歴史小説 1-3 光文社 1998.9 カッパ・ノベルス 「義経の征旗」文庫  謙信暗殺 光文社 1999.12. カッパ・ノベルス のち文庫  平家慕情 実業之日本社 1999.10 「最後の御大将平重衡 義経が最も恐れた男」PHP文庫 歴史に残る18人のミステリー 東京書籍 1999.7.「歴史に消された「18人のミステリー」」PHP文庫  黄金回廊 祥伝社 2000.12. おりょう残夢抄 2001.6 PHP文庫 塙保己一推理帖 観音参りの女 光文社 2002.8 カッパ・ノベルス 「亥ノ子の誘拐(かどわかし) 塙保己一推理帖」光文社文庫 邪馬台国の殺人 光文社 2002.1. カッパ・ノベルス こまち田沢湖殺人事件 さすらい署長・風間昭平 光文社 2003.9. カッパ・ノベルス のち文庫  闇の日本史 ベストセラーズ 2003.7. ワニ文庫. 国民の知らない歴史 えちご恋人岬殺人事件 さすらい署長・風間昭平 光文社 2004.4. カッパ・ノベルス 天明の密偵 小説・菅江真澄 文藝春秋 2004.8. とやま地獄谷殺人事件 さすらい署長・風間昭平 2005.11. 光文社文庫 移り香の秘密 塙保己一推理帖 光文社 2006.3 「枕絵の陥し穴 塙保己一推理帖」文庫  さぬき金毘羅殺人事件 さすらい署長・風間昭平 2006.12. 光文社文庫 しなの千曲川殺人事件 さすらい署長・風間昭平 2006.5. 光文社文庫 あずさ松本駅殺人事件 さすらい署長・風間昭平 2007.12. 光文社文庫 つがる弘前城殺人事件 さすらい署長・風間昭平 2007.5. 光文社文庫 えちご恋人岬殺人事件 さすらい署長・風間昭平 2008.12. 光文社文庫 つるべ心中の怪 塙保己一推理帖 光文社, 2008.1. のち文庫  ほくと五稜郭殺人事件 さすらい署長・風間昭平 2008.5. 光文社文庫 させぼ西海橋殺人事件 さすらい署長・風間昭平 2009.5. 光文社文庫 ねむろ風蓮湖殺人事件 さすらい署長・風間昭平 2010.5. 光文社文庫 風の浄土 光文社 2011.7. びわこ由美浜殺人事件 さすらい署長・風間昭平 2012.2. 光文社文庫 関連項目 水曜ミステリー9 女と愛とミステリー 岩手県出身の人物一覧 時代小説・歴史小説作家一覧 脚注 ==。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第28回 江戸川乱歩賞

中津 文彦の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

しなの千曲川殺人事件~さすらい署長・風間昭平~ (光文社文庫)



光文社 2014-08-29
組織的な外国人排斥運動を探るため、長野東署に赴任した風間昭平。その矢先、川中島の史跡公園近くで、ブラジル人カップルの他殺死体が見つかる。二人の足どりを追って上田(うえだ)に向かった風間は、ここでも殺人

とやま地獄谷殺人事件~さすらい署長・風間昭平~ (光文社文庫)



光文社 2006-08-03
警察庁から極秘任務を与えられ、風間昭平は富山中央署に赴任した。その直後、石川県との境にある倶利伽羅(くりから)峠付近で、富山市内に住む資産家の他殺死体が発見される。目撃者は、朝もやの中で鎧武者(よろい

さぬき金毘羅殺人事件~さすらい署長・風間昭平~ (光文社文庫)



光文社 2006-08-10
特命を受け、高松中央署に赴任した風間昭平は、珍しく平穏な日々を過ごしていた。金丸座(かなまるざ)のこんぴら歌舞伎を観劇した翌日、新興住宅地の海沿いの公園で、女性が刺殺された。その後、小豆島の沖合で見つ

つがる弘前城殺人事件~さすらい署長・風間昭平~ (光文社文庫)



光文社 2006-08-17
中国からの覚醒剤(かくせいざい)密輸に絡む特命を帯びて、風間昭平は弘前中央署に赴任した。津軽(つがる)地方の食品加工場が拠点らしい。特捜班を編成し、内偵を進める中、リンゴ農園での男女の心中事件に遭遇、

中津 文彦の著書を検索する

中津 文彦の関連ニュース


中津 文彦のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、中津 文彦と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「中津 文彦」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.