中塚 一碧楼

(ナカツカ・イッペキロウ)
中塚一碧楼(なかつか いっぺきろう、1887年(明治20年)9月24日 - 1946年(昭和21年)12月31日)は、日本の俳人。本名・直三(なおぞう)。俳号は他に一碧(いっぺき)。 岡山県浅口郡玉島町(現・岡山県倉敷市玉島勇崎)の旧家で製塩業等を営む実業家・中塚銀太の四男に生れる。 1900年(明治33年)岡山中学(現・岡山県立岡山朝日高校)入学。1906年(明治39年)中学卒業の年に洗礼を受けクリスチャンとなる。翌、1907年(明治40年)早稲田大学商科に入学する。大学時代は飯田蛇笏に兄事し俳句を学ぶ。早稲田吟社にも一時参加。後に早大を中退し帰郷。 帰郷後の一碧楼は守旧的な『国民俳壇』の句風よりも、新傾向俳句運動を展開する河東碧梧桐の『日本俳句』に傾倒。1908年(明治41年)から日本俳句に投句を始める。1909年(明治42年)城崎温泉に碧梧桐を尋ね15日間にわたり師弟は俳句を作り続ける。この際、碧梧桐より「半ば自覚せぬ天才の煥発である」と評される。 1910年(明治43年)兵庫県飾磨郡(現・兵庫県姫路市)で素麺問屋を営む濱田家の婿養子となる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

中塚 一碧楼の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

はかぐら



第一作社

一碧楼句抄 (1948年)



巣枝堂書店

一碧楼句抄 (1949年)



巣枝堂書店

一碧楼第二句集



海紅社

一碧楼第二句集



海紅社

はかぐら



第一作社


中塚 一碧楼の著書を検索する

中塚 一碧楼の関連ニュース


中塚 一碧楼のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、中塚 一碧楼と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「中塚 一碧楼」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.