中谷 宇吉郎

(ナカヤ・ウキチロウ)
中谷 宇吉郎(なかや うきちろう、1900年(明治33年)7月4日 - 1962年(昭和37年)4月11日)は、日本の物理学者、随筆家。位階は正三位。勲等は勲一等。学位は理学博士(京都帝国大学・1931年)。 北海道帝国大学理学部教授、北海道大学理学部教授などを歴任した。 生い立ち 石川県江沼郡片山津町(現加賀市)出身。学齢期になると母方の親族に預けられ、大聖寺町(現加賀市)に転居。 大聖寺町立錦城尋常高等小学校卒業後、旧制小松中学(現・石川県立小松高等学校)で寄宿舎生活を行い卒業、1922年(大正11年)、第四高等学校を卒業し東京帝国大学理学部物理学科に入学。寺田寅彦に教えを受け、実験物理学を志す。卒業後は理化学研究所で寺田研究室の助手となった。1927年、藤岡作太郎の長女綾と結婚。その後、1928年イギリスに留学し、キングス・カレッジ・ロンドンにて学んだ。同年には日本に残してきた妻をジフテリアで亡くしている。 研究者として 留学後、1930年(昭和5年)に北海道帝国大学理学部助教授となる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

中谷 宇吉郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

雪 (岩波文庫)



岩波書店

雪 (岩波新書 R (4))



岩波書店

雪 (岩波文庫)



岩波書店 2015-01-01
天然雪の研究から出発し,やがて世界に先駆けて人工雪の実験に成功して雪の結晶の生成条件を明らかにするまでを懇切に語る.その語り口には,科学の研究とはどんなものかを知って欲しいという「雪博士」中谷の熱い想

雪は天からの手紙―中谷宇吉郎エッセイ集 (岩波少年文庫)


中谷 宇吉郎 イラスト /池内 了 編集 /
岩波書店

中谷宇吉郎随筆集 (岩波文庫)


樋口 敬二 編集 /
岩波書店

中谷宇吉郎随筆集 (ワイド版岩波文庫)


樋口 敬二 編集 /
岩波書店

中谷宇吉郎 雪を作る話 (STANDARD BOOKS)



平凡社 2016-08-22
「科学のこころ」を本棚に──スタンダードブックス第4巻は雪研究の第一人者・中谷宇吉郎。代表作「立春の卵」、高野文子氏が取り上げ反響を呼んだ「天地創造の話」など13篇収録。

科学以前の心 (河出文庫)


福岡 伸一 編集 /
河出書房新社


中谷 宇吉郎の著書を検索する

中谷 宇吉郎の関連ニュース


中谷 宇吉郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、中谷 宇吉郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「中谷 宇吉郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.