中山 可穂

(ナカヤマ・カホ)
中山 可穂(なかやま かほ、1960年(昭和35年) - )は、日本の小説家。1960年、愛知県名古屋市生まれ。早稲田大学教育学部英語英文科卒業。大学卒業後に劇団を主宰、作・演出・役者をこなすも、のちに解散となる。芝居をやめてからの空白の5年間を経て、30歳頃から会社員をしながら小説を書きはじめる。 1992年に「ルイジアンヌ」でTOKYO FMショート・ストーリー・グランプリを受賞。1993年に、マガジンハウスへ持ち込んだ『猫背の王子』でデビュー。1995年、「天使の骨」で第6回朝日新人文学賞を受賞。2001年、『白い薔薇の淵まで』で第14回山本周五郎賞を受賞。2002年、『花伽藍』が第127回直木三十五賞候補作品となる。 作風・評価 女性同士の恋愛(レズビアン)をテーマにした、切なくて純度の高い作品が多いのが特徴。初期の頃は過激な性描写とともにこのテーマを徹底的に追求する作品群で知られていた。しかし、『ケッヘル』以降、作品世界を広げ、女性同士の恋愛だけでなく、男女の恋愛や男性同士の恋愛、親子愛や広く人間愛をテーマとした作品も数多く発表している。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第14回 山本周五郎賞

中山 可穂の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ゼロ・アワー



朝日新聞出版 2017-02-07

娘役



KADOKAWA/角川書店 2016-04-27

白い薔薇の淵まで (集英社文庫)



集英社 2013-12-05
ジャン・ジュネの再来とまで呼ばれる新人女性作家・塁と、平凡なOLの「わたし」はある雨の夜、書店で出会い、恋に落ちた。彼女との甘美で破滅的な性愛に溺れていく「わたし」。幾度も修羅場を繰り返し、別れてはま

白い薔薇の淵まで



集英社

愛の国 (角川文庫)



KADOKAWA/角川書店 2016-01-23

愛の国 (単行本)



KADOKAWA/角川書店

花伽藍 (角川文庫)



角川書店(角川グループパブリッシング)

花伽藍 (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2013-04-25
夏祭りの夜の出会いから別れまでの濃密な恋の顛末を描いた「鶴」、失恋したばかりの一夜の出来事「七夕」、離婚した夫が転がり込んできたことから始まる再生の物語「花伽藍」、恋人とともに飼い猫にまで去られてしま

花伽藍



新潮社


中山 可穂の著書を検索する

中山 可穂の関連ニュース


中山 可穂のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、中山 可穂と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「中山 可穂」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.