中里 恒子

(ナカザト・ツネコ)
中里 恒子(なかざと つねこ、1909年12月23日 - 1987年4月5日)は、日本の小説家。 神奈川県藤沢市生れ。横浜紅蘭女学校(現・横浜雙葉学園)を経て、川崎実科高等女学校(現・川崎市立川崎高等学校)卒業。1928年結婚して佐藤姓となり主婦作家としてデビュー。1937-38年に『少女の友』に連載した川端康成『乙女の港』の下書きを書いた。39年「乗合馬車」で芥川賞受賞(女性で初)。受賞作は、兄たちの国際結婚を描いたもの。 出産の後結核で療養、離婚を経て、娘が米国人と結婚することになり、かつて国際結婚を冷静な目で見ていた中里自身が大きな動揺に襲われるという経験をした。 1974年、老境を描いた『歌枕』で読売文学賞、75年『わが庵』で日本芸術院恩賜賞、79年『誰袖草』で女流文学賞受賞。『時雨の記』は中年の恋を描いたものとして話題になり、歿後映画化されて再度読まれた。 著書 乗合馬車 小山書店 1939 鵞鳥の花 甲鳥書林 1940 野薔薇 実業之日本社 1940 生きる土地 実業之日本社 1941 常夏 全国書房 1942 海辺の少女 小学館 1943 春の鳥 湘南書房 1947 (新日本少年少女選書) 孔雀 細川書店 1947 夕牡丹 角川書店 1947 生きる土地 講談社 1948 純潔について 池田書店 1950 晩歌 池田書店 1951 若き葡萄 中央公論社 1954 夜の橋 河出書房 1956 天使の季節 文藝春秋新社 1959 鎖 中央公論社 1965 のち文庫 此の世 河出書房新社 1972 閉ざされた海-中納言秀家夫人の生涯 講談社 1972 のち文庫、文芸文庫 歌枕 新潮社 1973 のち講談社文芸文庫 わが庵 文藝春秋 1974 花筐 新潮社 1975 土筆野 文藝春秋 1975 気のながい話 河出書房新社 1975 朧草子 文藝春秋 1976 往復書簡 宇野千代と 文藝春秋 1976 のち講談社文芸文庫 時雨の記 文藝春秋 1977 のち文庫 ダイヤモンドの針 講談社 1977 うつつ川 新潮社 1978 誰袖草 文藝春秋 1978 仮寝の宿 中公文庫 1979 鶏の声 北洋社 1979 百万 文藝春秋 1979 わが今昔ものがたり 中央公論社 1979 中里恒子全集 全18巻 中央公論社 1979-81 南への道 文藝春秋 1980 水鏡 文藝春秋 1981 青い炎 文藝春秋 1982 不意のこと 中央公論社 1982 家の中 講談社 1982 関の戸 文藝春秋 1984 鱗錦の局、捨文 中央公論社 1984 綾の鼓 文藝春秋 1985 のち文庫 日常茶飯 日本経済新聞社 1986 回転椅子 文藝春秋 1986 忘我の記 文藝春秋 1987 のち文庫 松風はかへらず 文藝春秋 1988 出典 参考 芥川賞全集 。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第8回 芥川賞 / 第25回 読売文学賞小説賞

中里 恒子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

時雨の記 (文春文庫)



文藝春秋

時雨の記



文藝春秋

時雨の記



文藝春秋

時雨の記(新装版) (文春文庫)



文藝春秋 2012-09-20
夫と死別して一人けなげに生きる多江と、実業家の壬生。四十代の女性と五十代の男の恋は、知人の子息の結婚式で二十年ぶりに再会したことから始まった。はじめて自分の本音を話せる相手を見つけた男と、それを受け止

時雨の記 (1977年)



文藝春秋

時雨の記



文藝春秋


中里 恒子の著書を検索する

中里 恒子の関連ニュース


中里 恒子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、中里 恒子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「中里 恒子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.