中沢 けい

(ナカザワ・ケイ)
中沢 けい(なかざわ けい、1959年10月6日 - )は、日本の小説家、法政大学教授。 人物・来歴 千葉県館山市出身。千葉県立安房高等学校卒業。1978年明治大学政治経済学部経済学科に入学し、同年「海を感じる時」で第21回群像新人文学賞を受賞した。1982年明大卒業。1985年には『水平線上にて』で第7回野間文芸新人賞を受賞した。 21歳で出版社社員と結婚、二児を産んだが離婚。シングルマザーとして親子関係や子育てに関しての発言も多い。 西部邁主宰の雑誌『発言者』に、1999年から2000年「思考の原器」、2000年から2005年まで「器物愛玩」を連載した。 2005年法政大学文学部日本文学科教授に就任。「法政文芸」編集長も務める。BRC(放送と人権等権利に関する委員会)委員となっている。 2013年『楽隊のうさぎ』が鈴木卓爾監督で映画化された。中沢作品初の映画化となる。 有田芳生と仲がよく、のりこえネット『ヘイトスピーチってなに? レイシズムってどんなこと? 』(のりこえブックス)2014年4月23日刊行で、中沢が日本のレイシズムの事例項目を担当している。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第7回 野間文芸新人賞

中沢 けいの著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

晩菊・水仙・白鷺 (講談社文芸文庫)


中沢 けい 解説 /
講談社

楽隊のうさぎ



新潮社

楽隊のうさぎ



新潮社 2013-05-24
「君、吹奏楽部に入らないか?」「エ、スイソウガク!?」――学校にいる時間をなるべく短くしたい、引っ込み思案の中学生・克久は、入学後、ブラスバンドに入部する。先輩や友人、教師に囲まれ、全国大会を目指す毎

アジア映画で〈世界〉を見る――越境する映画、グローバルな文化


石坂 健治 編集 /夏目 深雪 編集 /野崎 歓 編集 /
作品社

海を感じる時・水平線上にて (講談社文芸文庫)



講談社 2014-04-11
《海は暗く深い女たちの血にみちている。私は身体の一部として海を感じている。……》 年上の男子生徒とのセックスの体験を鋭利な感覚で捉えて、身体の芯が震える程の鮮烈な感銘を与えた秀作。作家の出発を告げた群

時の装飾法



青土社

時の装飾法

¥3024 (⇒¥2722

株式会社 青土社 2012-10-10


中沢 けいの著書を検索する

中沢 けいの関連ニュース


中沢 けいのウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、中沢 けいと関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「中沢 けい」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.