難波 利三

(ナンバ・トシゾウ)
難波 利三(なんば としぞう、男性、1936年9月25日 - )は日本の小説家である。 島根県邇摩郡温泉津町(現・大田市)の宮大工の家に生まれる。苦学して関西外国語大学中退。大阪で流しのギター弾きをしたあと、業界紙記者となる。 70年からオール読物新人賞に応募し、72年受賞、直木賞候補となる。「雑魚の棲む路地」で同候補。74年「イルティッシュ号の来た日」、75年「天を突く喇叭」、78年「大坂希望館」と、五回直木賞候補となる。 黒岩重吾に半ば師事し、官能小説などを書くが、84年、下積みの芸人たちを描いた『てんのじ村』で直木賞受賞。 堺市南区在住。 受賞・役職 1972年、「地虫」でオール讀物新人賞。 1984年、「てんのじ村」で第91回直木賞。 1998年、第33階大阪市市民表彰(文化功労部門)。 1999年、温泉津町名誉町民(合併により現・大田市名誉市民)。同地では2000年度より難波利三・ふるさと文芸賞を主催している。 2006年、大阪芸術賞。文芸(小説)分野。 2012年より、泉大津市オリアム随筆賞選考委員。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第91回 直木賞

難波 利三の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

てんのじ村―長編小説



実業之日本社

てんのじ村 (文春文庫)



文藝春秋 2012-09-20
大阪は通天閣の下に、漫才師、奇術師、浪曲師といった芸人たちがあつまり住む一郭“てんのじ村”があった。戦前、戦後、そして高度経済成長期と、大阪芸人の活躍の場が、寄席からラジオ、テレビへと移りゆくなか、時

奇芸人がゆく



たる出版

小説吉本興業



文藝春秋

小説吉本興業 (文春文庫)



文藝春秋 2012-09-20
古くはエンタツ・アチャコから、明石家さんま、桂三枝、笑福亭仁鶴、西川きよし、横山やすし、島田紳助、松本竜介、オール阪神・巨人、今いくよ・くるよなど、人気タレントを擁する<笑いの王国>吉本興業の「笑売繁

難波 利三の著書を検索する

難波 利三の関連ニュース


難波 利三のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、難波 利三と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「難波 利三」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.