南部 修太郎

(ナンブ・シュウタロウ)
南部 修太郎(なんぶ しゅうたろう、1892年(明治25年)10月12日 - 1936年(昭和11年)6月22日)は、日本の小説家。 土木技師である父常次郎の長男として宮城県仙台市で生れる。父の転勤につれて東京・神戸・熊本・博多・長崎と転住した。1905年(明治38年)の春、父の転勤とともに東京に上り、赤坂・麹町・四谷に住み移ったが、麻布区新龍土町十二に家を定め、芝中学校に通う。1912年(明治45年)、慶應義塾大学入学。文学科露文学を専攻。1917年(大正6年)3月、慶應を卒業。以後1920年(大正9年)まで『三田文学』編集主任をつとめ、文筆生活に入る。1921年(大正10年)、結婚し二人の子(長男淳一郎、次男亮二郎)の父となる。 芥川龍之介を師と仰ぎ、小島政二郎、滝井孝作、佐佐木茂索とともに「龍門の四天王」と呼ばれた。慶大で友人だった理財科の秋岡義愛が川端康成の従兄だったため、中学時代の川端と文通していた。 1936年(昭和11年)6月16日夜半、脳溢血のため邸前に倒れ、22日午前9時逝去、法名は、修文院釋樂邦。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

南部 修太郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

文学・エッセイ集 懐かしき将棋物語


将棋と文学をこよなく愛する会 編集 /
Winas, Inc. 2013-10-11
「将棋はとにかく愉快である。 盤面の上で、この人生とは違つた別な生活と事業がやれるからである。」                〜菊池寛「将棋」より〜古

文芸作品の映画化



2012-10-01
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

ハルピンの一夜



2012-10-01
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

麻雀を語る



2012-10-04
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

下手の横好き —将棋いろいろ—



2012-10-04
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

死の接吻 スウェーデンの殺人鬼



2012-10-04
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

一兵卒と銃



2012-10-04
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

文壇球突物語



2016-07-28
著者:南部 修太郎(1892-1936) 底本:サンデー毎日  大阪毎日新聞社このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版へ変換はボランティアによって行わ

画家とセリセリス



2012-10-01
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

現代作家に対する批判と要求 全人間的な体現を (その一、芥川竜之介氏)



2012-10-04
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

南部 修太郎の著書を検索する

南部 修太郎の関連ニュース


南部 修太郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、南部 修太郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「南部 修太郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.