ナンシー 関

(ナンシー・セキ)
ナンシー関(ナンシーせき、本名:関 直美(せき なおみ)、女性、1962年7月7日 - 2002年6月12日)は、青森県青森市生まれの版画家、コラムニストである。法政大学文学部第二部(夜間部)中退。 独特の観察眼による「テレビ批評」とその挿絵に入れた著名人の似顔絵「消しゴム版画」で社会そのものを批評していた。その文章は古びることがなく、今も新たな読者を獲得している。世界初の消しゴム版画家である。 1962年、青森県青森市に三人きょうだいの長女として生まれる。2歳下の妹と7歳下の弟がいる。父親は同郷のプロボクサーのレパード玉熊の後援会会長を務めていた。言葉が出るのも字が読めるのも早く、2-3歳のころには一人で絵本を読んでいた。1969年青森市立堤小学校に入学。同級生によれば性格は他の子より大人びて冷静だったという。手先も器用でパラパラマンガを描いたり、クラスメイトの消しゴムに文字を彫るいたずらもした。小学校に入学してから急に太り始めたため、心配した両親は病院を受診させるが、結果は「異常なし」だった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

ナンシー 関の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

今日は死ぬのにもってこいの日


金関寿夫 翻訳 /
めるくまーる

ナンシー関の記憶スケッチアカデミー (角川文庫)


ナンシー 関 編集 /ナンシー 関 イラスト /
角川書店

ザ・ベリー・ベスト・オブ「ナンシー関の小耳にはさもう」100



朝日新聞出版 2014-08-08
2002年6月に急逝した天才コラムニスト&消しゴム版画家ナンシー関。彼女が週刊朝日に連載した全コラムの中から厳選した傑作100本を一挙収録。テレビという窓を通して時代と格闘し続けた足跡を一冊にまとめた

ナンシー関の記憶スケッチアカデミー〈2〉



カタログハウス
受け取られた方が不快に思われるような、傷みのひどい本、見苦しい本などは扱っておりません。帯あり。カバー表、天付近に軽い折れ線があるため「良い」にしていますが、中身は「非常にいい」状態です。基本的に傷み

ハーブ&スパイス大事典


日本メディカルハーブ協会 監修 /ナショナル ジオグラフィック 編集 /関 利枝子 翻訳 /倉田 真木 翻訳 /岡崎 秀 翻訳 /
日経ナショナルジオグラフィック社

耳のこり



朝日新聞出版 2014-08-08
耳に残って離れない、テレビで聞いたあの一言……。心のもやもやが、容赦なきコラムと版画でどんどん晴れていきます。2002年急逝したコラムニスト、ナンシー関の「週刊朝日」の伝説的連載「小耳にはさもう」シリ

耳のこり



朝日新聞社


ナンシー 関の著書を検索する

ナンシー 関の関連ニュース


ナンシー 関のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、ナンシー 関と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「ナンシー 関」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.