夏樹 静子

(ナツキ・シズコ)
夏樹 静子(なつき しずこ、本名:出光 静子(いでみつ しずこ)、1938年12月21日 - 2016年3月19日)は、日本の小説家、推理作家。旧姓名の五十嵐 静子名義による作品もある。 兄は小説家でミストラル社長の五十嵐均。夫である新出光社長の出光芳秀(いでみつ よしひで)は出光佐三の甥。長男は俳優の出光秀一郎。 来歴・人物 東京府(現東京都)生まれ。慶應義塾大学英文学科卒。1960年、大学在学中に五十嵐静子名義で執筆した「すれ違った死」が江戸川乱歩賞候補となり、それがきっかけでNHK総合テレビの推理クイズ番組『私だけが知っている』のレギュラーライターに抜擢され、以後3年間で約30本の脚本を執筆する。この番組には鮎川哲也、島田一男、土屋隆夫ら、のちの巨匠作家(当事は中堅、新進クラス)が多く脚本で参加しており、その顔ぶれの豪華さもあって後年脚本集なども出版されている。1962年3月、夏樹しのぶ名義で短編「赤い造花」を『女学生の友』増刊号に、同年6月に中篇「ガラスの鎖」を『宝石』に発表。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第10回 日本ミステリー文学大賞

夏樹 静子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

腰痛放浪記 椅子がこわい(新潮文庫)



新潮社 2016-07-22
「夏樹静子のお葬式を出しましょう」──苦しみ抜き、疲れ果て、不治の恐怖に脅かされた闘病の果てに、医者はこう言った。時には死までを思い浮かべた鋭い腰の疼痛は、実は抑制された内なる魂の叫びだった。そして著

裁判百年史ものがたり (文春文庫)



文藝春秋 2012-12-14
裁判はこんなに面白いのか! 時代を変えた12の法廷ドラマを、夏樹静子が迫真のノンフィクションノベルに。帝銀事件、チャタレイ裁判、永山則夫事件など有名事件から、翼賛選挙に無効判決を下した裁判長の苦悩、犯

裁判百年史ものがたり (文春文庫)



文藝春秋 2012-09-04

心療内科を訪ねて―心が痛み、心が治す―



新潮社 2013-05-24
ひどい腰痛に苦しんだ3年間の地獄体験が、著者を心療内科取材に駆り立てた。潰瘍性大腸炎、顎関節症、高血圧、拒食・過食症、脱毛……原因不明のすべての症状の裏には、心の痛みが隠れていた。心はあらゆる形をとっ

夏樹 静子の著書を検索する

夏樹 静子の関連ニュース


夏樹 静子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、夏樹 静子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「夏樹 静子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.