夏目 房之介

(ナツメ・フサノスケ)
夏目 房之介(なつめ ふさのすけ、1950年8月18日 - )は、日本の漫画批評家、漫画家、エッセイストである。本人の自称は「漫画コラムニスト」。学習院大学大学院人文科学研究科教授、花園大学文学部客員教授、有限会社夏目房之介事務所代表取締役。 1992年(平成4年)発行の著書『手塚治虫はどこにいる』で漫画批評家としての評価を確立した。ネームバリューを活かした多数の著作やテレビ出演によって、それまで一部の同人誌やマニア誌などで内輪話的に論じられてきた漫画評論のハードルを低くした。それと同時に、新たな漫画研究に対する指針を標榜した。しかし、本人はあくまでもコラムニストとしての活動であるとしており、研究自体は若手学者の論説を支持する程度にとどまる。2008年4月、学習院大学の大学院に新設された人文科学研究科身体表象文化学専攻の教授に就任した。このほか、花園大学の文学部創造表現学科にて客員教授を務めるとともに、京都大学の非常勤講師を務めている。 生い立ち 1950年(昭和25年)、ヴァイオリニスト夏目純一の長男として、東京都港区高輪に生まれた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

夏目 房之介の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

マンガはなぜ面白いのか―その表現と文法 (NHKライブラリー (66))



日本放送出版協会
☆ご注意☆ 平成8年7月1日に発行された、【雑誌版】です ☆ご注意☆ NHK人間大学の同タイトルのテキストのようです ☆ご注意☆ 必ず、画像をご確認ください

マガジンビーボーイ 2016年 12月号 <電子限定おまけ付> [雑誌] (MAGAZINE BE×BOY)



リブレ 2016-11-24
【期間限定販売:2017年5月31日まで】読みたい恋がいっぱい★ しあわせBOYS LOVEマガジン「MAGAZINE BE×BOY」緒川千世先生の表紙が目印のマガジンビーボーイ12月号!

漱石の孫



新潮社 2013-05-24
百年前、祖父・夏目漱石がヨーロッパ文化と格闘していた下宿。その部屋を訪れた時、僕は予想しなかった感動に襲われた――。日本を代表する作家の直系として生を享けた著者は、如何にして、その運命を受け入れるよう

マンガに人生を学んで何が悪い?



ランダムハウス講談社


夏目 房之介の著書を検索する

夏目 房之介の関連ニュース


夏目 房之介のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、夏目 房之介と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「夏目 房之介」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.