ねじめ 正一

(ネジメ・ショウイチ)
ねじめ 正一(ねじめ しょういち、1948年6月16日 - )は、日本の詩人、小説家。本名は禰寝 正一(読みは同じ)。東京都杉並区生まれ。杉並区立杉並第四小学校→杉並区立高円寺中学校→日本大学第二高等学校卒業。青山学院大学経済学部中退。父は俳人のねじめ正也。長男は俳優のねじめ宗吾(ねじめ そうご、本名:禰寝宗吾、1975年5月4日 - )。長女は脚本家の祢寝彩木(ねじめ さえき、1979年2月11日 - )。 高円寺北口商店街の乾物屋の長男として生まれる。1966年に乾物屋を廃業、父正也が美術・骨董を趣味としていたことから民芸店「ねじめ民芸店」を開店する。1972年に区画整理による立ち退きに遭い、阿佐ヶ谷・パール商店街に移転。現在もオーナーとして経営している。日本文学学校にて鈴木志郎康に学び、実験的で暴力性の高い詩を発表する詩人としてデビュー。朗読パフォーマンスなども積極的に行う。高橋敏夫や絓秀実らとともに『季刊 現代批評』編集発行人。自身の少年期の経験をもとにした『高円寺純情商店街』をはじめ、小説・エッセイの著書も多い。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第101回 直木賞

ねじめ 正一の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

わがままいもうと


村上 康成 イラスト /
教育画劇

私と介護



新日本出版社

高円寺純情商店街



新潮社
受け取られた方が不快に思われるような、傷みのひどい本、見苦しい本などは扱っておりません。本ピンは表紙裏折り返し部に折れ跡。微細な変色部がありますが、あとは目立つような傷・汚れもなく、よい状態です。気持

かあさんになったあーちゃん


長野 ヒデ子 イラスト /
偕成社

きぜつライオン


村上 康成 イラスト /
教育画劇

荒地の恋 (文春文庫)



文藝春秋 2015-12-18
親友の妻と恋に落ち、彼らの地獄は始まった53歳の男が親友の妻と恋に落ちる。田村隆一、北村太郎ら戦後の詩人の群像を描ききった傑作長篇小説。中央公論文芸賞受賞作!

荒地の恋 (文春文庫)



文藝春秋 2010-07-09

荒地の恋



文藝春秋

長嶋少年 (文春文庫)



文藝春秋 2014-09-02


ねじめ 正一の著書を検索する

ねじめ 正一の関連ニュース


ねじめ 正一のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、ねじめ 正一と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「ねじめ 正一」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.