西村 健

(ニシムラ・ケン)
主な受賞歴
第33回 吉川英治文学新人賞

西村 健の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

バスを待つ男



実業之日本社

バスを待つ男



実業之日本社 2017-02-24
無趣味の元刑事がみつけた道楽は、バスの旅。シルバーパスを利用して、錦糸町、赤羽、池袋、北品川、青梅など東京の各地を巡りながら、謎と事件を追う。バス停で何かを待つ男、神社の狐の前掛けの意味、和菓子屋に通

ザ・パーフェクト―日本初の恐竜全身骨格発掘記:ハドロサウルス発見から進化の謎まで


小林 快次 監修 /櫻井 和彦 監修 /西村 智弘 監修 /
誠文堂新光社 2016-10-06
日本初の恐竜全身骨格発掘記!「全身がある!」そして日本の恐竜研究の可能性が大きく広がった?「全身がある」を合い言葉に進められた北

地の底のヤマ



講談社

光陰の刃



講談社

光陰の刃



講談社 2016-02-26
吉川英治文学新人賞・大藪春彦賞受賞の実力派が放つ、2016年最初の衝撃!書き下ろし超大作!三井財閥をつくった男・團琢磨、血盟団の指導者・井上日召。日本を動かす企業家と、日本を揺るがすテロリスト。ともに

地の底のヤマ(上) (講談社文庫)



講談社 2015-01-09
昭和三十八年。福岡県の三池炭鉱で大規模な爆発事故が起きた夜に、一人の警察官が殺された。その息子・猿渡鉄男は、やがて父と同じく地元の警察官となり、事件の行方を追い始める。労働争議や炭塵爆発事故の下、懸命

西村 健の著書を検索する

西村 健の関連ニュース


西村 健のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、西村 健と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。