西村 賢太

(ニシムラ・ケンタ)
西村 賢太(にしむら けんた、1967年7月12日 - )は、日本の小説家。私小説の書き手として知られる。 幼少期 東京都江戸川区春江町出身。祖父の代から続く運送業者の家庭に生まれる。実家は下請け仕事が中心で、トラック3台、従業員は最盛期でも4人の零細企業だった。父は外車マニアで、数年ごとにジャガーやカマロやクーガーなどを買い換えていたが、1978年秋に強盗強姦事件を起こして逮捕され、刑務所に収監される。このため両親が離婚し、3歳上の姉と共に母子家庭で育つ。 読書好きな姉の影響で、幼児期から『赤毛のアン』『キュリー夫人』などを読み、活字に親しんでいた。江戸川区立二之江第二小学校5年の2学期に千葉県船橋市原木中山へ転居し、さらに小学校6年に進級する春休み中に東京都町田市のコーポに転居。 少年時代 それまでは父が単なる強盗事件を起こしたと聞かされていたが、町田市立中学校3年の時、父が起こした事件が性犯罪だったことを知り、その衝撃で2学期頃から不登校となる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第29回 野間文芸新人賞 / 第144回 芥川賞

西村 賢太の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

下手(したて)に居丈高 (徳間文庫)



徳間書店 2017-04-07
世の不徳義を斬り、返す刀でみずからの恥部をえぐる。この静かで激しい無頼の流儀──。煙草(たばこ)とアルコールをかたわらに、時代遅れな“私小説”の道を突き進む孤独な日々は、ひとつの意志と覚悟に満ちている

下手に居丈高 (徳間文庫)



徳間書店 2017-04-07

苦役列車 (新潮文庫)



新潮社 2012-04-19

苦役列車



新潮社 2012-07-01
友もなく、女もなく、一杯のコップ酒を心の慰めに、その日暮らしの港湾労働で生計を立てている十九歳の貫多。或る日彼の生活に変化が訪れたが……。こんな生活とも云えぬような生活は、一体いつまで続くのであろうか

苦役列車



新潮社

芝公園六角堂跡



文藝春秋 2017-02-28

芝公園六角堂跡 (文春e-book)



文藝春秋 2017-03-03
ここ数年、惑いに流されていた北町貫多に東京タワーの灯が凶暴な輝きを放つ。その場所は、師・藤澤清造の終焉地であった――。「闇に目をこらすと、そこには狂える

田中英光傑作選 オリンポスの果実/さようなら 他 (角川文庫)


西村 賢太 その他 /
KADOKAWA/角川書店 2015-11-25

田中英光傑作選 オリンポスの果実/さようなら 他 (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2015-11-25
オリンピックに参加した自身の体験を描いた「オリンポスの果実」、晩年作の「さようなら」ほか、珠玉の6篇を厳選。太宰治の墓前で散った無頼派私小説家・田中英光。その文学に傾倒する西村賢太が編集、解題。

西村 賢太の著書を検索する

西村 賢太の関連ニュース


西村 賢太のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、西村 賢太と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「西村 賢太」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.