西村 京太郎

(ニシムラ・キョウタロウ)
西村 京太郎(にしむら きょうたろう、1930年9月6日 - )は、日本の小説家、推理作家。トラベルミステリーの第一人者で、十津川警部の生みの親として知られている。本名は矢島 喜八郎(やじま きはちろう)。 東京陸軍幼年学校在学中に終戦を迎え、東京都立電機工業学校(現・東京都立産業技術高等専門学校)卒業後、臨時人事委員会(後の人事院)に就職する。11年勤務後に退職し、トラック運転手、私立探偵などを経て作家生活に入る。 初期は社会派推理小説を書いていたが、じきにスパイ小説、クローズド・サークル、パロディ小説、時代小説など多彩な作品群を発表する。中でも海難事故もの(これについては西村本人が海が好きだったため。十津川警部は大学ヨット部出身という設定。)、誘拐もの(あらゆる犯罪の中で最も知能を要するので推理小説にふさわしいと考えたから)が多かった。 日本中にトラベルミステリーというジャンルを示すきっかけとなったヒット作『寝台特急殺人事件』から全面的にトラベルミステリーに移行する。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第11回 江戸川乱歩賞 / 第8回 日本ミステリー文学大賞

西村 京太郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

新装版 殺しの双曲線 (講談社文庫)



講談社 2012-10-18
差出人不詳の、東北の山荘への招待状が、六名の男女に届けられた。しかし、深い雪に囲まれた山荘は、彼らの到着後、交通も連絡手段も途絶した陸の孤島と化す。そして、そこで巻き起こる連続殺人。クリスティの『そし

現美新幹線殺人事件 (文春e-book)



文藝春秋 2017-04-28
画商の竹田が越後湯沢でスキーに興じていたところ、東京から突然連絡が入った。急ぎ自宅マンションに戻った竹田は、妻と娘が何者かに襲われて殺されたことを知る。自宅から渡辺

札沼線の愛と死 新十津川町を行く (ジョイ・ノベルス)



実業之日本社 2017-03-17
殺人現場に残された血の十字の意味とは? 十津川警部が住む東京・三鷹で銃殺事件が。現場の雪の上には、被害者の男が自分の血で書いたと思われる十字のマークが残されていた。さらに「殺された男は十津川警部に招待

西村 京太郎の著書を検索する

西村 京太郎の関連ニュース


西村 京太郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、西村 京太郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「西村 京太郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.