仁田 義男

(ニッタ・ヨシオ)
仁田 義男(にった よしお、1922年5月24日 - 2006年12月16日)は、日本の作家。兵庫県出身。 本名・寺田義男。1958年「墓場の野師」で文学界新人賞受賞。その後時代小説を書いた。2006年、鬱血性心不全のため死去。 著書 やはり神さまはいた 日本の巌窟王(吉田石松)産報 1963 苛烈!ガダルカナル 学習研究社 1972- (Ein books) 画狂一代 小説葛飾北斎 集英社 1989.4 大老の首 集英社文庫 1989 剣聖伊藤一刀斎 われ開眼せり 徳間文庫 1990.5 剣聖伊藤一刀斎 神剣払捨刀 徳間文庫 1991.4 剣聖伊藤一刀斎 秘剣見山 徳間文庫 1991.10 剣聖伊藤一刀斎 殺人剣修羅 徳間文庫 1992.2 剣聖伊藤一刀斎 無想活人剣 徳間文庫 1992.7 柳生花妖剣 徳間文庫 1994.7 殺法松の葉 柳生花妖剣 徳間文庫 1994.9 非常の人徳川吉宗 徳間文庫 1995.1 捨心十兵衛杖 柳生花妖剣 徳間文庫 1995.7。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第6回 文學界新人賞

仁田 義男の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

剣聖伊藤一刀斎―秘剣見山 (徳間文庫)



徳間書店
剣聖伊藤一刀斎―秘剣見山 (徳間文庫) [Oct 01, 1991] 仁田 義男

仁田 義男の著書を検索する

仁田 義男の関連ニュース


仁田 義男のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、仁田 義男と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「仁田 義男」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.