丹羽 文雄

(ニワ・フミオ)
丹羽 文雄(にわ ふみお、1904年(明治37年)11月22日 - 2005年(平成17年)4月20日)は、三重県出身の日本の小説家。 三重県四日市市北浜田にある浄土真宗専修寺高田派の崇顕寺(現在の浜田保育園)で住職を務める父・教開の長男として生まれた。母・こうは、文雄が4歳のときに旅役者の後を追って出奔した。この母への思慕と追憶が、文雄の作品世界には投影されている。母の出奔は、婿養子に来た父が、母の母つまり祖母と男女関係を結んでいたからである。丹羽はのち『菩提樹』にこのことを書き、『ひとわれを非情の作家と呼ぶ』でより平明に説明している。この原体験が、丹羽をして人間の業を見つめる作家となし、その救いを浄土真宗に求める結果となった。 三重県立富田中学校(三重県立四日市高等学校の前身校の1つ)を経て、第一早稲田高等学院に入学。本来は父の跡を継いで僧侶となるために、浄土真宗系の上級学校に進学するべきところであったが、文雄はすでに文学者を志望していたため、父や檀家には、仏教に関連の深い哲学科に進学するためと偽って、同校へすすんだ。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第6回 野間文芸賞 / 第36回 野間文芸賞 / 第18回 読売文学賞小説賞

丹羽 文雄の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

現代語訳 好色五人女 (河出文庫)


吉行 淳之介 翻訳 /丹羽 文雄 翻訳 /
河出書房新社

肌 (百年文庫)



ポプラ社

菩提樹 (新潮文庫 草 17-5)



新潮社
封建色濃い小都市の名刹を守る美貌の僧侶月堂宗珠は、妻の母親と不倫な関係を持ち、妻は役者狂いの末に寺を出てしまう。関係を清算しようとする宗珠は、そのつど彼女の圧倒的な態度と肉の誘惑に負けるが、檀家の一女

P+D BOOKS 親鸞 2 法難の巻(上)



小学館 2015-07-24
人間として生きるために妻をめとる親鸞。 弾圧、非難と闘いながら、浄土真宗を創始し、あくまでも人間として生き抜いた親鸞の苦難の生涯を描く大作。 第2巻「法難の巻」(上)で

丹羽 文雄の著書を検索する

丹羽 文雄の関連ニュース


丹羽 文雄のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、丹羽 文雄と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「丹羽 文雄」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.