延原 謙

(ノブハラ・ケン)
延原 謙(のぶはら けん、本名読み:ゆずる、1892年9月1日 - 1977年6月21日)は、日本の編集者、翻訳家。岡山県出身。早稲田大学理工学部卒。別名に小日向 逸蝶。妻は劇作家・フランス文学者岸田國士の妹の勝伸枝。 1928年「新青年」、1932年「探偵小説」の編集長。後、中国に渡って事業を起こすも、終戦によって財産を失う。帰国後は「雄鶏通信」編集長。 コナン・ドイルのシャーロック・ホームズ全作品やドイルの短編・中編小説を大多数翻訳したほか、1925年にアガサ・クリスティの作品を訳したことで、最初期の紹介者の栄誉も担っている。 訳書 クラブのキング アガサ・クリスティ(博文館(探偵傑作叢書) 1925年) 怪奇探偵十一の瓶 アーサー・モリソン(博文館(探偵傑作叢書) 1925年) 拳骨 怪奇探偵 アーサー・リーヴ(博文館(探偵傑作叢書) 1926年) 運命の塔 コオナン・ドイル(聚英閣(探偵名作叢書) 1926年) シヤアロツク・ホウムズ ドイル (改造社(世界大衆文学全集) 1928年) クリステイ集(博文館(探偵傑作叢書) 1929年) ドイル集(博文館(探偵傑作叢書) 1929年) モリスン集・ポール・ソーン集(博文館(探偵傑作叢書) 1929年) ウオーレス集(田中早苗共訳、博文館(探偵傑作叢書) 1930年) シヤーロツクホームズの事件簿 ドイル (平凡社(世界探偵小説全集) 1930年) ドイル全集 全8巻 (改造社(世界文学大全集) 1931年 - 1933年) 緋色の研究 四人の署名 バスカーヴイルの犬 シヤアロック・ホウムズの想ひ出 クルムバアの悲劇 シヤアロツク・ホウムズの冒険 ケンネル殺人事件 ヴアン・ダイン(新潮社 1933年) 二枚の肖像画 L.J.ビーストン(黒白書房 1935年) トレント最後の事件 ベントレー(黒白書房 1935年/新潮文庫、戦後改訳増補し同文庫) 霧の夜 探偵小説 R.H.デーヴィス(春秋社 1936年) 緑のダイヤ アーサー・モリスン(博文館(博文館文庫) 1939年)  「十一の瓶」の改題新版。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

延原 謙の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

シャーロック・ホームズの冒険 (新潮文庫)


Arthur Conan Doyle 原著 /延原 謙 翻訳 /
新潮社

シャーロック・ホームズの冒険(新潮文庫) シャーロック・ホームズ シリーズ


延原 謙 翻訳 /
新潮社 2016-02-19
ロンドンにまき起る奇怪な事件を追って神出鬼没する名探偵シャーロック・ホームズは、その怜悧な推理と魅力的な個性で読者を魅了する。近代探偵小説を確立したホームズ物語の第一短編集。赤毛の男が加入した奇妙な組

緋色の研究 (新潮文庫)


Arthur Conan Doyle 原著 /延原 謙 翻訳 /
新潮社

緋色の研究(新潮文庫) シャーロック・ホームズ シリーズ


延原 謙 翻訳 /
新潮社 2016-02-19
文学の知識─皆無、哲学の知識─皆無。毒物に通暁し、古今の犯罪を知悉し、ヴァイオリンを巧みに奏する特異な人物シャーロック・ホームズが初めて世に出た、探偵小説の記念碑的作品。ワトスンとホームズの出会いから

緋色の研究 (1953年) (新潮文庫〈第549〉)


延原 謙 翻訳 /
新潮社


延原 謙の著書を検索する

延原 謙の関連ニュース


延原 謙のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、延原 謙と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「延原 謙」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.