野家 啓一

(ノエ・ケイイチ)
野家 啓一(のえ けいいち、1949年2月21日 - )は、日本の哲学者。東北大学名誉教授。専攻は、科学哲学。宮城県仙台市出身。 学歴 宮城県仙台第一高等学校卒業 1971年3月 東北大学理学部物理学科卒業 1974年3月 東京大学大学院理学系研究科科学史・科学基礎理論専門課程修士課程修了 1976年3月 東京大学大学院理学系研究科科学史・科学基礎論専門課程博士課程中退 職歴 1976年4月 南山大学文学部助手 1977年4月 南山大学文学部講師 1979年9月 プリンストン大学客員研究員(1980年8月まで) 1981年4月 東北大学文学部助教授 1991年4月 東北大学文学部教授 2000年4月 東北大学大学院文学研究科教授 2003年4月 東北大学大学院文学研究科長・文学部長(2006年3月まで) 2005年4月 東北大学副学長(人文社会科学担当 2006年4月より男女共同参画・学術情報担当 図書館長兼務)(2008年3月まで) 2008年4月 東北大学理事(広報・校友会・学術情報担当 図書館長兼務) 2013年3月 東北大学を定年退職(理事就任により、定年が1年延長されていた)。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

野家 啓一の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

科学哲学への招待 (ちくま学芸文庫)



筑摩書房 2015-10-02
古代・中世のアリストテレス的自然観を克服し、信仰や迷信から独立することで17世紀に近代「科学」は誕生した。しかしパラダイム転換はくり返され、20世紀には科学技術に伴うリスクも叫ばれるようになる。科学哲

子どもの難問


野矢 茂樹 編集 /熊野純彦 その他 /清水哲郎 その他 /山内志朗 その他 /野家啓一 その他 /永井均 その他 /神崎繁 その他 /入不二基義 その他 /戸田山和久 その他 /古荘真敬 その他 /柏端達也 その他 /柴田正良 その他 /鷲田清一 その他 /雨宮民雄 その他 /鈴木泉 その他 /渡辺邦夫 その他 /土屋賢二 その他 /斎藤慶典 その他 /大庭健 その他 /中島義道 その他 /一ノ瀬正樹 その他 /伊勢田哲治 その他 /田島正樹 その他 /
中央公論新社

高等研報告書0207 臨床哲学の可能性



国際高等研究所 2005-03-31

名指しと必然性―様相の形而上学と心身問題


八木沢 敬 翻訳 /野家 啓一 翻訳 /
産業図書

現代思想 2016年11月臨時増刊号 総特集◎木村敏



青土社 2016-10-11
西田幾多郎やハイデガー、そしてのちにはドゥルーズやデリダなど、現代思想の巨星たちを手がかりに精神病理の人間学的研究に取り組み、精神医学の発展に寄与してきた木村敏。本

縮刷版 現象学事典


木田 元 編集 /野家 啓一 編集 /村田 純一 編集 /鷲田 清一 編集 /
弘文堂


野家 啓一の著書を検索する

野家 啓一の関連ニュース


野家 啓一のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、野家 啓一と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「野家 啓一」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.