野上 弥生子

(ノガミ・ヤエコ)
野上 弥生子(のがみ やえこ、本名:野上 ヤヱ(のがみ やゑ)、旧姓小手川、1885年(明治18年)5月6日 - 1985年(昭和60年)3月30日) は、日本の小説家。大分県臼杵市生まれ。 フンドーキン醤油の創業家に生まれる。14歳の時に上京し、明治女学校に入学。夏目漱石門下の野上豊一郎と結婚する。『ホトトギス』に『縁』を掲載して作家デビュー。以来、死去するまで現役の作家として活躍する。法政大学女子高等学校名誉校長も務め、「女性である前にまず人間であれ」の言を残す。 昭和初年のプロレタリア文学が流行した時代には、社会進歩のための活動の中にあった非人間的な行動を追及した『真知子』を発表する一方で、思想と行動について悩む青年に焦点をあてた『若い息子』『哀しき少年』などを書き、また日本が戦争へ傾斜していく時期には、時流を批判した『黒い行列』(戦後、大幅に加筆して長編『迷路』に発展させる)と、良識ある知識階級の立場からの批判的リアリズムの文学を多く生み出した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第9回 読売文学賞小説賞

野上 弥生子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

中世騎士物語 (岩波文庫)


野上 弥生子 翻訳 /
岩波書店

中世騎士物語 (ワイド版 岩波文庫)


野上 弥生子 翻訳 /
岩波書店

ギリシア・ローマ神話 (ワイド版 岩波文庫)


野上 弥生子 翻訳 /
岩波書店

ギリシア・ローマ神話―付インド・北欧神話 (岩波文庫)


Thomas Bulfinch 原著 /野上 弥生子 翻訳 /
岩波書店

アンソロジー お弁当。


阿部了 写真 /
パルコ

野上弥生子短篇集 (岩波文庫)


加賀 乙彦 編集 /
岩波書店


野上 弥生子の著書を検索する

野上 弥生子の関連ニュース


野上 弥生子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、野上 弥生子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「野上 弥生子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.