野口 雨情

(ノグチ・ウジョウ)
野口雨情(のぐち うじょう、1882年(明治15年)5月29日 - 1945年(昭和20年)1月27日、本名・英吉)は、詩人、童謡・民謡作詞家。多くの名作を残し、北原白秋、西條八十とともに、童謡界の三大詩人と謳われた。 生涯 廻船問屋を営む名家(楠木正季が先祖と伝えられているが不明)の長男として茨城県多賀郡磯原町(現・北茨城市)に生まれる。父・量平、母・てる。 4年制小学校・4年制高等小学校を終了後上京。東京専門学校(現・早稲田大学)に入学し、坪内逍遥に師事するが、1年余りで中退、詩作を始める。このとき1901年、英吉19歳。 父の事業失敗と死により、1904年、故郷に帰り、家督を継ぐ。このとき、家の没落をふせぐために、家族(つまり亡父や親族)から、栃木県の資産家の娘との政略結婚をお膳立てされており、英吉は同い年(23歳)の高塩ひろと結婚するが、もともと気の進まない話で、後年、破綻する。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

野口 雨情の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

野口雨情詩集



彌生書房

正岡子規作品集: 全87作品を収録 (青猫出版)



青猫出版 2016-12-14
全87作品を収録。目次リンクから各作品へ移動できます。【収録作品】あきまろに答ふ曙覧の歌犬(新字旧仮名)犬(新字新仮名)

『野口雨情全集・24作品⇒1冊』



野口雨情全集・出版委員会 2015-08-18
「十五夜お月さん」「朝おき雀」「青い眼の人形」。詩、童謡、民謡の作詞と、多くの名作を残し、北原白秋、西條八十とともに、童謡界の三大詩人とうたわれた野口雨情の「24作品」を1冊に収録。目次一覧から目当て

野口雨情詩集 (1976年)



弥生書房

石川啄木作品集: 全84作品を収録 (青猫出版)



青猫出版 2016-12-03
全84作品を収録。目次リンクから各作品へ移動できます。【収録作品】足跡(新字旧仮名)足跡(旧字旧仮名)新しい歌の味ひA LETT

月刊青空文庫2016年5月号 (インクナブラPD)



Incunabula.Inc. 2016-06-25
 本書は青空文庫(あおぞらぶんこ)に二〇一六年五月に公開された作品を集成したものです。青空文庫には著作権が消滅した数多くの作品が掲載されていますが、ほとんどすべてKindleで読めます。しかし、青空文

野口 雨情の著書を検索する

野口 雨情の関連ニュース


野口 雨情のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、野口 雨情と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「野口 雨情」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.