野尻 抱介

(ノジリ・ホウスケ)
野尻 抱介(のじり ほうすけ、1961年 – )は、日本の小説家、SF作家。ハンドルネームは尻P。宇宙作家クラブ会員。 1961年、三重県生まれ。当初は計測制御・CADプログラマーやゲームデザイナーとして働いていた。1990年、ゲーム制作会社「ホビー・データ」の設立に参加。同社が運営するプレイバイメールのゲーム管理者(マスター)の一人として活動する。1992年、同社のプレイバイメール『クレギオン』のノベライズ『ヴェイスの盲点』を上梓し、作家デビュー。以後、宇宙を題材にしたSFを書き続ける。それらの著作が評価され、星雲賞の日本短編部門を5回、日本長編部門を2回受賞している。野尻抱影のファンで、ペンネームも彼に由来している。[1] 作風 ハードSF的傾向の強い作品が多い。例えば「クレギオン」シリーズは太陽系外惑星を主な舞台としており、巻ごとにまったく異なる性質の惑星を登場させて惑星物理学がストーリーの根幹に大きく関わっている。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

野尻 抱介の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ふわふわの泉



早川書房 2013-04-26
浜松西高校化学部部長・浅倉泉の人生の目標は“努力しないで生きること"。文化祭を前に泉は、ただ一人の部員・保科昶(あきら)とフラーレンを生成する化学実験を行っていた。そのとき学校を雷が直撃!実験失敗と落

ふわふわの泉 (ファミ通文庫)


御米椎 イラスト /
エンターブレイン

ふわふわの泉 (ハヤカワ文庫JA)


撫荒 武吉 イラスト /
早川書房

太陽の簒奪者



早川書房 2013-04-25
西暦二〇〇六年、水星から突如噴き上げられた鉱物資源は、太陽をとりまく巨大なリングを形成しはじめた。日照量の激減により、破滅の危機に瀕する人類。いったい何者が、何の目的で創造したのか? 異星文明への憧れ

南極点のピアピア動画



早川書房 2013-01-25
日本の次期月探査計画に関わっていた大学院生・蓮見省一の夢は、彗星が月面に衝突した瞬間に潰え、恋人の奈美までが彼のもとを去った。省一はただ、奈美への愛をボーカロイドの小隅レイに歌わせ、ピアピア動画にアッ

南極点のピアピア動画 (ハヤカワ文庫JA)


KEI イラスト /
早川書房

沈黙のフライバイ



早川書房 2013-04-25
アンドロメダ方面を発信源とする謎の有意信号が発見された。分析の結果、JAXAの野嶋と弥生はそれが恒星間測位システムの信号であり、異星人の探査機が地球に向かっていることを確信する――静かなるファーストコ

野尻 抱介の著書を検索する

野尻 抱介の関連ニュース


野尻 抱介のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、野尻 抱介と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「野尻 抱介」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.