野間 宏

(ノマ・ヒロシ)
野間 宏(のま ひろし、1915年(大正4年)2月23日 - 1991年(平成3年)1月2日)は日本の小説家、評論家、詩人。長編小説を多く書き、社会全体の構造をとらえる全体小説を志向した。また、最晩年まで社会的な発言を多く行ったことでも知られている。 僧侶(在家の新しい流派を建てたので、既存の寺院に属してはいなかった)を父として、兵庫県神戸市長田区に生まれる。大阪府立北野中学校に進学する。 1932年、旧制第三高等学校在学中、同人誌「三人」を富士正晴(野間は富士の妹と結婚したので義兄)、竹之内静雄と創刊。 1935年、京都帝国大学に進学し、反戦学生運動に参加。 1938年、京都帝国大学文学部仏文科卒業。 1938年から大阪市役所に勤務し、被差別部落関係の仕事を担当した。 1941年に応召し、中国やフィリピンを転戦するも、マラリアに感染したため帰国。 1943年、社会主義運動の前歴を憲兵に追及され、思想犯として大阪陸軍刑務所で半年間服役。年末に出所後、監視つきで原隊に復帰。 1944年2月、召集解除。大阪の軍需工場に勤務していた時、敗戦を迎える。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第7回 谷崎潤一郎賞

野間 宏の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

歎異抄 (ちくま文庫)



筑摩書房

歎異抄 (河出文庫)


野間宏 翻訳 /
河出書房新社

真空地帯 上巻 (岩波文庫 緑 91-1)



岩波書店
真空地帯 上巻 1956/1/9

野間 宏の著書を検索する

野間 宏の関連ニュース


野間 宏のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、野間 宏と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「野間 宏」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.