法月 綸太郎

(ノリヅキ・リンタロウ)
法月 綸太郎(のりづき りんたろう、1964年10月15日 - )は、日本の小説家・推理作家・評論家。本名山田 純也(やまだ じゅんや)。島根県松江市出身。京都市在住。島根県立松江北高等学校、京都大学法学部卒業。新本格派ミステリー作家の代表的な一人。2013年から、本格ミステリ作家クラブ第4代会長。 京大推理小説研究会出身で、我孫子武丸、綾辻行人らと交流がある。 協和銀行勤務を経て、1988年に『密閉教室』で江戸川乱歩賞の第二次選考を通過し、島田荘司の推薦でデビューした。 ペンネームの由来は、小栗虫太郎のペダンティックな名探偵法水麟太郎ではなく、吉川英治の小説『鳴門秘帖』に登場する隠密「法月弦之丞」から。大学時代は「法月林太郎」というペンネームを使用していたが、島田荘司のアドバイスにより現在のものになった。 推理小説の存在意義や、「密室」を構成することへの必然性に関する論文を発表するなど、「悩める作家」として有名である。それに加えて構築性を旨とする作風からかかなりの遅筆で、何度も作品のあとがきなどで自身の作品発表ペースを自虐的に述べている。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

法月 綸太郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2015-10-08
ミステリー最前線で活躍する作家43人が惜しげもなく披露する、極秘の執筆作法。作家志望者、ミステリーファン必読の書。日本推理作家協会 編著 赤川次郎/東直己/阿刀田高

自薦 THE どんでん返し (双葉文庫)



双葉社 2016-10-28
名だたる本格ミステリの書き手があなたを仰天させる!ミステリには不可欠のラストの驚き、どんでん返し。6人の作家が自作から「これは」というどんでん返し作品を自ら選び、読者に届けます。どうぞみなさん、だまさ

ノックス・マシン 3/4 電子オリジナル版 (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2015-11-25
上海大学のユアンは、国家科学技術局から召喚の連絡を受けた。「ノックスの十戒」をテーマにした彼の論文で確認したいことがあるというのだ。科学技術局に出向いたユアンは、そこで予想外の提案を持ちかけられる。

ノックス・マシン (角川文庫)



KADOKAWA/角川書店 2015-11-25

ノックス・マシン

¥1620
遠藤 拓人 イラスト /
角川書店(角川グループパブリッシング)

キングを探せ (講談社文庫)



講談社 2015-10-09
繁華街のカラオケボックスに集う四人の男。めいめいに殺意を抱えた彼らの、今日は結団式だった。目的は一つ、動機から手繰られないようターゲットを取り換えること。トランプのカードが、誰が誰を殺るか定めていく。

キングを探せ (講談社文庫)



講談社 2015-09-15


法月 綸太郎の著書を検索する

法月 綸太郎の関連ニュース


法月 綸太郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、法月 綸太郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「法月 綸太郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.