野呂 邦暢

(ノロ・クニノブ)
野呂 邦暢(のろ くにのぶ、1937年(昭和12年)9月20日 - 1980年(昭和55年)5月7日)は、日本の小説家。長崎県長崎市出身。本名、納所邦暢。 1956年(昭和31年)、長崎県立諫早高等学校卒業。職を転々とした後、1957年(昭和32年)に佐世保陸上自衛隊入隊。1965年(昭和40年)、「ある男の故郷」にて第21回文學界新人賞佳作。 1973年(昭和48年)に自らの自衛隊員としての体験を基にした作品『草のつるぎ』が文芸誌『文學界』12月号に掲載され、この作品で翌1974年(昭和49年)第70回芥川龍之介賞受賞。 諫早市を舞台にした小説・随筆を数多く残したが、心筋梗塞により、42歳で急死した。毎年5月最終日曜日には、野呂を偲び、諌早市上山公園の文学碑の前で「菖蒲忌」が行われる。 なお、芥川受賞作『草のつるぎ』の直筆原稿は没後に古書店を転々としていたが、2014年に長崎県立長崎図書館が購入し所蔵している。 作品 『十一月 水晶』 冬樹社、1973/改題『壁の絵』 角川文庫、1977 『海辺の広い庭』 文藝春秋、1973/『海辺の広い庭』 角川文庫、1978 『鳥たちの河口』 文藝春秋、1973/集英社文庫、1978 『日が沈むのを』 有光株式会社、1974 『草のつるぎ』 文藝春秋、1974/文春文庫、1978 『冬の皇帝』 鶴声居、1975 『恋人』 鶴声居、1975 『一滴の夏』 文藝春秋、1976/集英社文庫、1980 『ふたりの女』 集英社、1977 『王国そして地図』 集英社、1977 『諫早菖蒲日記』 文藝春秋、1977/文春文庫、1985 『諫早菖蒲日記』 梓書院、2010 『失われた兵士たち 戦争文学試論』 芙蓉書房、1977(新版1983) 『戦争文学試論』 芙蓉書房出版、2002 『失われた兵士たち 戦争文学試論』 文藝春秋〈文春学藝ライブラリー〉、2015 『猟銃』 集英社、1978 『文彦のたたかい』 集英社文庫コバルトシリーズ、1978 『水瓶座の少女』 集英社文庫コバルトシリーズ、1979 『古い革張椅子』 集英社、1979 『地峡の町にて』 沖積舎、1979 『愛についてのデッサン-佐古啓介の旅』 角川書店、1979/みすず書房〈大人の本棚〉、2006  『落城記』 文藝春秋、1980/文春文庫、1984 『丘の火』 文藝春秋、1980 『小さな町にて』 文藝春秋、1982 『野呂邦信・長谷川修往復書簡集』 陸封魚の会編、葦書房、1990  『野呂邦暢作品集』 文藝春秋、1995 『草のつるぎ・一滴の夏 野呂邦暢作品集』 講談社文芸文庫、2002、他3篇 『夕暮の緑の光 野呂邦暢随筆選』 岡崎武志編、みすず書房〈大人の本棚〉、2010 『白桃 野呂邦暢短篇選』 豊田健次編、みすず書房〈大人の本棚〉、2011 『野呂邦暢 随筆コレクション1 兵士の報酬』 みすず書房、2014 『野呂邦暢 随筆コレクション2 小さな町にて』 みすず書房、2014 『野呂邦暢小説集成(全9巻)』 文遊社、全巻解説中野章子、2013 - 『棕櫚の葉を風にそよがせよ』、2013 『日が沈むのを』、2013 『草のつるぎ』、2014 『冬の皇帝』、2014 『諫早菖蒲日記・落城記』、2015 『愛についてのデッサン』(未刊) 『水瓶座の少女』(未刊) 『丘の火』(未刊) 『夜の船』(未刊) 脚注 ==。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第70回 芥川賞

野呂 邦暢の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

丘の火 (野呂邦暢小説集成8)


豊田健次 監修 /陣野俊史 その他 /
文遊社 2017-03-06

小さな町にて (1982年)



文藝春秋

冬の皇帝 (野呂邦暢小説集成4)


豊田健次 監修 /川本三郎 その他 /
文遊社

鳥たちの河口 (集英社文庫)



集英社 2014-08-01
河口の鳥の観察に熱中する失業中のカメラマンは、飛翔する鳥たちが、すでに自然の習性を失いつつあることに気づく。方向感覚が狂い、季節はずれに渡来する鳥たち。油でよごれた港辺に漂う鳥の死骸。荒廃する河口でお

棕櫚の葉を風にそよがせよ (野呂邦暢小説集成1)


豊田健次 監修 /青来有一 その他 /
文遊社

白桃―― 野呂邦暢短篇選 (大人の本棚)


豊田 健次 編集 /
みすず書房

野呂邦暢作品集



文藝春秋


野呂 邦暢の著書を検索する

野呂 邦暢の関連ニュース


野呂 邦暢のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、野呂 邦暢と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「野呂 邦暢」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.