野沢 尚

(ノザワ・ヒサシ)
野沢 尚(のざわ ひさし、1960年5月7日 - 2004年6月28日)は、日本の脚本家・推理小説家である。愛知県名古屋市出身。愛知県立昭和高等学校、日本大学芸術学部映画学科卒業。テレビドラマの脚本で高い評価を受ける一方、ミステリー小説にも幅を広げた。北野武の映画監督デビュー作の脚本を手掛けたことでも知られている。1998年、『眠れる森』『結婚前夜』で第17回向田邦子賞受賞。 1983年 『V・マドンナ大戦争』で第9回城戸賞準入賞。 1997年 小説『破線のマリス』で第43回江戸川乱歩賞を受賞。 1997年 小説『恋愛時代』で第4回島清恋愛文学賞を受賞。 1999年 脚本『眠れる森』『結婚前夜』で第17回向田邦子賞を最年少(当時)で受賞。 2001年 小説『深紅』で第22回吉川英治文学新人賞を受賞。 2002年 『反乱のボヤージュ』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。 2004年 事務所マンションで首吊り自殺。44歳没。 人物像 シナリオライターになろうとしたきっかけは、中学時代から映画監督志望で、8ミリカメラで自主映画を作っていたが「映画はまずシナリオありき」と思い立ち、独学で始めたことであるという。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第43回 江戸川乱歩賞 / 第22回 吉川英治文学新人賞

野沢 尚の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2015-10-08
ミステリー最前線で活躍する作家43人が惜しげもなく披露する、極秘の執筆作法。作家志望者、ミステリーファン必読の書。日本推理作家協会 編著 赤川次郎/東直己/阿刀田高

野沢尚のミステリードラマは眠らない (実業之日本社文庫)



実業之日本社 2015-05-29
今、解き明かされる野沢流ミステリーの真相と深層。少年時代から江戸川乱歩やエラリー・クイーンを読んでいた著者は、高校時代にシナリオに目覚めた。その後、傑出した脚本家として、ミステリードラマ史上に燦然と輝

深紅 (講談社文庫)



講談社

深紅



講談社

龍時(リュウジ)01─02



文藝春秋 2012-09-20
こわれた家族、さえない学校。体内に滾るのはサッカーへの情熱だけ。それさえも、この国では行き詰ってしまうのか。2001年、スペインU─17とのサッカー親善試合に急遽招集された無名の高校生、志野リュウジは

龍時 01-02 文春文庫



文藝春秋

リミット



講談社

NHKスペシャルドラマ・ガイド 坂の上の雲 第2部 (教養・文化シリーズ)


NHK「坂の上の雲」プロジェクト 編集 /NHK出版 編集 /
日本放送出版協会 2010-10-25


野沢 尚の著書を検索する

野沢 尚の関連ニュース


野沢 尚のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、野沢 尚と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「野沢 尚」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.