貫井 徳郎

(ヌクイ・トクロウ)
貫井 徳郎(ぬくい とくろう、1968年2月25日 - )は、日本の小説家・推理作家。東京都渋谷区生まれ。東京都立青山高等学校、早稲田大学商学部卒業。妻は同じく推理作家の加納朋子。 高校一年生のときに小説を書き始め、初めて書いたミステリ(『鬼流殺生祭』の原型)を第4回横溝正史賞に応募する。当時ミステリを書いたのはその一作だけで、その後は伝奇SFを早川書房のハヤカワ・SFコンテストや講談社の小説現代新人賞に応募するも、予選を通過することはなかった。 1992年12月31日付で、勤めていた不動産会社を退社。1993年、失業期間に書いた『慟哭』が第4回鮎川哲也賞の最終候補作となる(受賞作は近藤史恵『凍える島』)。受賞は逃すが、予選委員の北村薫と編集者の戸川安宣の激賞を受け、東京創元社から黄金の13の一作として刊行され作家デビュー。2002年、北村薫が『慟哭』の創元推理文庫版の帯に「題(タイトル)は『慟哭』書き振りは≪練達≫読み終えてみれば≪仰天≫」というコメントを寄せたことがきっかけとなり、50万部を超えるヒットとなる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第23回 山本周五郎賞

貫井 徳郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

宿命と真実の炎



幻冬舎 2017-05-11
超美品です

宿命と真実の炎 (幻冬舎単行本)



幻冬舎 2017-05-10
人間の心を捨ててもずっと一緒にいたかった。何が“警察官連続殺人事件”を引き起こしたのか?山本周五郎賞受賞作『後悔と真実の色』続編。渾身のミステリ長編!!

後悔と真実の色



幻冬舎 2013-02-01
“悪”を秘めた女は駆除する――。若い女性を殺し、人差し指を切り取る「指蒐集家」が社会を震撼させていた。捜査一課のエース西條輝司は、捜査に没頭するあまり一線を越え、窮地に立たされる。これは罠なのか?

後悔と真実の色 (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2012-10-10

後悔と真実の色



幻冬舎

殺人症候群 <新装版> (双葉文庫)



双葉社 2015-02-27
警視庁・人事二課、環敬吾が率いる特殊任務チームは、一見何の関係もない複数の殺人事件に関連性がないか捜査を開始する。「大切な人を殺された者が、犯人に復讐することは是か非か」という社会的テーマとエンターテ

殺人症候群



双葉社

失踪症候群 <新装版> (双葉文庫)



双葉社 2015-02-27
警視庁には、警察組織が扱いにくい事件を捜査する影の特殊工作チームが存在する。警務部人事二課の環敬吾が指令を送るのは、私立探偵・原田征一郎、托鉢僧・武藤隆、肉体労働者・倉持真栄、プロフェッショナルなメン

貫井 徳郎の著書を検索する

貫井 徳郎の関連ニュース


貫井 徳郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、貫井 徳郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「貫井 徳郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.