沼野 充義

(ヌマノ・ミツヨシ)
沼野 充義(ぬまの みつよし、1954年6月8日 - )は、日本のスラヴ文学者。東京大学教授。専門はロシア・ポーランド文学。現代日本文学など世界文学にも詳しく、その文芸評論は文芸誌・新聞などでしばしば見られる。 東京都大田区出身。学生時代には、非英米圏SF研究ファングループ「イスカーチェリ」に参加し、のち、日本SF作家クラブ会員。1977 - 1979年の第19次『新思潮』に参加し評論を書いた。四方田犬彦、平野共余子らの映画同人誌『シネマグラ』にも参加。日本学術会議会員。 妻の沼野恭子はロシア文学者(東京外国語大学大学院総合国際学研究院教授)。 東京教育大附属駒場高校卒業 1977年3月 - 東京大学教養学部教養学科ロシア分科卒業 1981年9月 - フルブライト奨学生としてハーヴァード大学大学院スラヴ語スラヴ文学専攻博士課程へ留学 1984年6月 - ハーヴァード大学修士課程修了 1985年3月 - 東京大学大学院人文科学研究科露語露文学専門課程博士課程単位取得満期退学 1985年6月 - ハーヴァード大学大学院スラヴ語スラヴ文学専攻博士課程単位取得・博士論文提出資格取得 1984年2月 ハーヴァード大学助手(ティーチング・アシスタント、1985年6月まで) 1985年8月 東京大学教養学部ロシア語教室専任講師 1987年9月 ワルシャワ大学東洋学研究所客員講師 1989年1月 東京大学教養学部ロシア語教室助教授 1994年4月 東京大学文学部スラヴ文学研究室助教授 2000年5月 ロシア国立人文大学(en:Russian State University for the Humanities)において共同研究(国際交流基金フェロー 11月まで) 2002年10月 ロシア国立大学アジア・アフリカ研究所客員教授 2004年4月 東京大学大学院人文社会系研究科教授(スラブ語スラブ文学) 2007年 東京大学大学院人文社会系研究科教授(現代文芸論) 2009年 日本ロシア文学会会長  受賞歴 2002年 『徹夜の塊』でサントリー学芸賞芸術・文学部門 2004年 『ユートピア文学論』で第55回読売文学賞 著書 単著 『屋根の上のバイリンガル』筑摩書房、1988年、白水Uブックス 1996年 『永遠の一駅手前――現代ロシア文学案内』作品社、1989年 『夢に見られて――ロシア・ポーランドの幻想文学』作品社、1990年 『スラヴの真空』自由国民社〈読書の冒険シリーズ〉、1993年 『モスクワ-ペテルブルグ縦横記』岩波書店、1995年 『W文学の世紀へ――境界を越える日本語文学』五柳書院、2001年 『徹夜の塊――亡命文学論』作品社、2002年 『ユートピア文学論――徹夜の塊』作品社、2003年 『世界文学から/世界文学へ 文芸時評の塊 1993-2011』作品社、2012年 『チェーホフ 七分の絶望と三分の希望』講談社、2015年11月 共著 (青山南・江中直紀・富士川義之・樋口大介)『世界の文学のいま』 福武書店、1991年 (越川芳明・野谷文昭・柴田元幸・野崎歓)『世界×現在×文学―作家ファイル』国書刊行会、1996年 (沼野恭子)『世界の食文化〈19〉ロシア』農山漁村文化協会、2006年 (塩川伸明・小松久男・宇山智彦)『ユーラシア世界 1 〈東〉と〈西〉』 東京大学出版会、2012年 編著 『ロシア怪談集』河出文庫、1990年 『東欧怪談集』河出文庫、1995年 『ユートピアへの手紙――世界文学からの20の声』河出書房新社、1997年 『イリヤ・カバコフの芸術』五柳書院、1999年 『ユダヤ学のすべて』新書館、1999年 『芸術は何を超えていくのか?』東信堂、2009年  『世界は文学でできている 対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義』光文社、2012年 『やっぱり世界は文学でできている 対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義2』光文社、2013年 『それでも世界は文学でできている 対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義 3』編著 光文社 2015 共編著 (大岡信・奥本大三郎・川村二郎・小池滋)『世界文学のすすめ』岩波文庫、1997年 『書きなおすナボコフ、読みなおすナボコフ』若島正共編 研究社 2011 『ユーラシア世界 1〈東〉と〈西〉』塩川伸明, 小松久男,宇山智彦共編 東京大学出版会 2012 『ユーラシア世界 2 ディアスポラ論』塩川伸明, 小松久男共編 東京大学出版会 2012 『ユーラシア世界 3 記憶とユートピア』塩川伸明, 小松久男共編 東京大学出版会 2012 『ユーラシア世界 4 公共圏と親密圏』塩川伸明, 小松久男、松井康浩共編 東京大学出版会 2012 『ユーラシア世界 5 国家と国際関係』塩川伸明, 小松久男共編 東京大学出版会 2012 訳書 アレクサンドル・グリーン『輝く世界』月刊ペン社 1978年、沖積舎 1993年 スタニスワフ・レム『枯草熱』吉上昭三共訳 サンリオSF文庫 1979年 ヴェニアミン・カヴェーリン『師匠たちと弟子たち』月刊ペン社 1981年 スタニスワフ・レム『金星応答なし』ハヤカワSF文庫 1981年 B・オクジャワ『シーポフの冒険――あるいは今は昔のボードビル』沼野恭子共訳 群像社、1989年 スタニスワフ・レム『完全な真空』工藤幸雄、長谷見一雄共訳、国書刊行会、1989年 スワヴォーミル・ムロージェック『象』長谷見一雄、吉上昭三、西成彦共訳、国書刊行会、1991年 ヨシフ・ブロツキイ『大理石』白水社、1991年 ミラン・クンデラ『微笑を誘う愛の物語』千野栄一、西永良成共訳、集英社、1992年 タチヤーナ・トルスタヤ『金色の玄関に』沼野恭子共訳 白水社、1995年 レシェク・コワコフスキ『ライロニア国物語―大人も子どもも楽しめる13のおとぎ話』芝田文乃共訳、国書刊行会、1995年 ヨシフ・ブロツキイ『私人――ノーベル賞受賞講演』群像社、1996年 ピョートル・ワイリ、アレクサンドル・ゲニス『亡命ロシア料理』北川和美、守屋愛共訳 未知谷 1996年 セルゲイ・ドヴラートフ『わが家の人びと――ドヴラートフ家年代記』成文社、1997年 ヴィスワヴァ・シンボルカ『終わりと始まり』未知谷、1997年 スタニスワフ・レム『虚数』長谷見一雄、西成彦共訳、国書刊行会、1998年 ロイ・メドヴェージェフ『1917年のロシア革命』石井規衛共同監訳 現代思潮社、1998年 アレクサンドル・グリーン『消えた太陽』岩本和久共訳  国書刊行会、1999年 ウラジーミル・ナボコフ『ナボコフ短篇全集 (1・2)』諫早勇一,貝澤哉,加藤光也,毛利公美,若島正共訳、作品社、2000-01年 増補版『ナボコフ全短篇』秋草俊一郎,諫早勇一, 貝澤哉,加藤光也,杉本一直,毛利公美, 若島正共訳 作品社 2011年 エドワード・ラジンスキー『真説ラスプーチン(上・下)』望月哲男共訳、日本放送出版協会、2004年 スタニスワフ・レム『ソラリス』国書刊行会、2004年、ハヤカワSF文庫、2015年  スタニスワフ・レム『高い城・文学エッセイ』巽孝之,芝田文乃,加藤有子, 井上暁子共訳、国書刊行会、2004年 スタニスワフ・レム『天の声・枯草熱』吉上昭三、深見弾共訳、国書刊行会、2005年 チェスワフ・ミウォシュ『ポーランド文学史』関口時正,森安達也,西成彦,長谷見一雄共訳、未知谷、2006年 ウラジーミル・ナボコフ『賜物』河出書房新社〈世界文学全集〉、2010年 アントン・チェーホフ『新訳 チェーホフ短篇集』集英社、2010年 『チェスワフ・ミウォシュ詩集』関口時正共編 成文社 2011年 アントン・チェーホフ『かもめ』集英社文庫 2012年 アンドレイ・シニャフスキー『ソヴィエト文明の基礎』平松潤奈,中野幸男, 河尾基, 奈倉有里共訳 みすず書房 2013年 スタニスワフ・レム『短篇ベスト10』関口時正,久山宏一,芝田文乃共訳、国書刊行会 2015年 出演 英語で読む村上春樹(2013年度講師) 脚注 外部リンク Twitter。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

沼野 充義の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

世界文学大図鑑


沼野 充義 監修 /越前 敏弥 翻訳 /
三省堂

亡命ロシア料理


沼野 充義 翻訳 /北川 和美 翻訳 /守屋 愛 翻訳 /
未知谷

ユーラシア世界2 ディアスポラ論


塩川 伸明 編集 /小松 久男 編集 /沼野 充義 編集 /
東京大学出版会

村上春樹「かえるくん、東京を救う」英訳完全読解


沼野 充義 監修 /NHK出版 編集 /侘美 真理 その他 /
NHK出版

ソラリス (ハヤカワ文庫SF)


岩郷重力 イラスト /沼野充義 翻訳 /
早川書房

ソラリス (ハヤカワ文庫SF)


沼野 充義 翻訳 /
早川書房 2015-05-29
惑星ソラリス――この静謐なる星は意思を持った海に表面を覆われていた。惑星の謎の解明のため、ステーションに派遣された心理学者ケルヴィンは変わり果てた研究員たちを目にする。彼らにいったい何が? ケルヴィン

完全な真空 (文学の冒険シリーズ)


沼野 充義 翻訳 /
国書刊行会
94年初版5刷発行です。108頁目上部に角折れ跡、カバー表紙の微キズ等の若干の経年かんございます。本文に、書き込み・ヤケ・ヨゴレ等はございません。丁寧に発送致します。どうぞよろしく

世界は文学でできている~対話で学ぶ〈世界文学〉連続講義~



光文社 2014-01-17
東京大学の沼野充義(ロシア文学)教授と最前線で活躍する作家・学者たちが「新しい世界文学」について熱く語り合う! 世界文学とは、もはや読むべき価値のある古典作品のリストではなく、言語の別を超えたまったく

沼野 充義の著書を検索する

沼野 充義の関連ニュース


沼野 充義のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、沼野 充義と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「沼野 充義」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.