小田 嶽夫

(オダ・タケオ)
小田 嶽夫(おだ たけお、1900年7月5日 - 1979年6月2日) は、日本の小説家。本名は、小田武夫。 新潟県高田市(現・上越市)竪春日町出身。 高田中学(現新潟県立高田高等学校)、東京外国語大学支那語学科を卒業後、外務省入省。外務書記として中国・杭州の領事館などに勤務。 1926年に蔵原伸二郎の紹介で同人誌『葡萄園』に参加。のちに『文藝都市』にも寄稿する。1936年に「城外」(『文學生活』創刊号、1936年6月)で第3回芥川賞受賞。78歳没。 ほとんどの作品が中国に眼を向けたもので、代表作の「城外」もその一つである。しかし、「高陽草子」には、郷土(高田)への思いをこめた文章が多く書かれている。 日本における魯迅の紹介者という役割もあり、『魯迅伝』を著している。太宰治とは交友関係にあり、小田の助力によって太宰は『魯迅伝』『大魯迅全集』『東亜文化圏』などを入手し『惜別』(朝日新聞社、1945年9月)執筆の材料とした。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第3回 芥川賞

小田 嶽夫の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

短篇集 泥河



砂小屋書房

昭和初期世界名作翻訳全集 165 過去


小田 嶽夫 翻訳 /
ゆまに書房

短篇集 泥河



砂小屋書房


小田 嶽夫の著書を検索する

小田 嶽夫の関連ニュース


小田 嶽夫のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、小田 嶽夫と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「小田 嶽夫」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.