小川 国夫

(オガワ・クニオ)
小川 国夫(おがわ くにお、1927年(昭和2年)12月21日 - 2008年(平成20年)4月8日)は、日本の小説家。 静岡県志太郡藤枝町長楽寺(現在の藤枝市本町)に小川富士太郎・まきの長男として生まれる。1933年、青島幼稚園に入園。1934年、青島小学校に入学。1938年、肺結核に腹膜炎を併発し入院、入院3ヶ月後に自宅療養となり、1941年に小学校に復学するまで、安静療養状態が続いた。この自宅療養の時期に相当量の読書をしたことが、その後の小川国夫に影響を与えることになった。1942年、旧制志太中学(現・藤枝東高校)に入学、学徒勤労動員で用宗海岸にある小柳造船所に通う。このときの経験は、のちの作品に色濃く投影されることになる。1946年、旧制静岡高等学校(静岡大学の前身校の1つ)文科乙類に入学。この頃カトリックの洗礼を受ける。洗礼名は、アウグスチノ。 1950年、東京大学国文科に入学。1953年、「東海のほとり」を『近代文学』に発表。その年の10月フランスへわたりパリ・ソルボンヌ大学に3年間私費留学。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第50回 読売文学賞小説賞

小川 国夫の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

サアカスの馬・童謡 (少年少女日本文学館20)



講談社
児童向け文学全集の決定版確かな国語力が身につく。21世紀の子どもたちに届ける名作

弱い神



講談社

弱い神



講談社 2014-01-24
弱いがゆえに、神の言葉は強い。自らの死の直前まで、作家が求めつづけた永遠の問い。20年の歳月をかけ完成した小川国夫文学の最高傑作。

アポロンの島 (講談社文芸文庫)


森川 達也 解説 /
講談社

アポロンの島 (講談社文芸文庫)



講談社 2014-01-24
地中海地方の溢れる光の中をひとりバイクで旅する青年が出会う人々や風景を、明晰なことばを積み重ねてくっきりと描き出した「アポロンの島」「大きな恵み」、キリスト教についての著者の基本的な考えがうかがえる「

マグレブ、誘惑として



講談社 2014-01-24
「書くこと」の復活は可能なのだろうか。危地に陥った文学者の自己再生を賭けた旅を描く長篇小説。――その時私が満足をもって感じたのは、今まで現実だと信じていたものが、実はフィクションだということだった。し

小川 国夫の著書を検索する

小川 国夫の関連ニュース


小川 国夫のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、小川 国夫と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「小川 国夫」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.