小川 未明

(オガワ・ミメイ)
小川 未明 (おがわ みめい、1882年(明治15年)4月7日 - 1961年(昭和36年)5月11日)は、小説家・児童文学作家。本名は小川 健作(おがわ けんさく)。「日本のアンデルセン」「日本児童文学の父」と呼ばれる。娘の岡上鈴江も児童文学者。 なお「未明」は、正しくは「びめい」とよむ。 新潟県高田(現上越市)に生まれる。父澄晴はかつて修験者だった。上杉謙信の熱烈な崇拝者でもあった澄晴は、春日山神社を創建するため奔走した。 旧制高田中学(現新潟県立高田高等学校)、東京専門学校(早稲田大学の前身)専門部哲学科を経て大学部英文科を卒業、坪内逍遙や島村抱月から指導を受け、また出講していたラフカディオ・ハーンの講義に感銘を受け、卒業論文ではハーンを論じた。在学中、ロシア文学に親しみ、またナロードニキの思想に関心を寄せた。 在学中の1904年(明治37年)、処女作「漂浪児」を雑誌『新小説』に発表し注目される。この時、逍遥から「未明」の号を与えられる。卒業直前に『新小説』に発表した「霰に霙」で小説家として一定の地位を築く。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第5回 野間文芸賞

小川 未明の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

『世界の童話全集・41作品⇒1冊』



世界の童話全集・出版委員会 2014-11-03
グリム童話にアンデルセン、イワンの馬鹿に母をたずねて三千里。一度は耳にしたことがある世界の童話に、新美南吉、小川未明、宮沢賢治の代表作をそえて、合計「41作品」を1冊に凝縮しました。目次一覧から、目当

小川未明童話集 (岩波文庫)


桑原 三郎 編集 /
岩波書店

赤い蝋燭と人魚


酒井 駒子 イラスト /
偕成社
   大正10年の発表以来、繰り返し読み継がれ、多くの画家の挿絵にも描かれてきた小川未明の名作童話。酒井駒子の情感豊かな、ざらざらした油絵タッチの絵をつけて、新感覚の絵物語に仕上った。    わ

赤い蝋燭と人魚 (若い人の絵本)


いわさき ちひろ イラスト /
童心社
   大正10年の発表以来、繰り返し読み継がれ、多くの画家の挿絵にも描かれてきた小川未明の名作童話。酒井駒子の情感豊かな、ざらざらした油絵タッチの絵をつけて、新感覚の絵物語に仕上った。    わ

『小川未明全集・300作品⇒1冊』



小川未明全集・出版委員会 2014-11-20
「赤いろうそくと金魚」「金の輪」「月夜とめがね」などの代表作を始めとする、童話の父、小川未明が遺した「300作品」を網羅した大全集。目次一覧から、目当ての作品に移動することが可能です。

小川未明童話集―心に残るロングセラー名作10話


北川 幸比古 編集 /鬼塚 りつ子 編集 /
世界文化社

おとなのための小学校国語の教科書傑作集


おとなのための教科書編集部 編集 /
Winas, Inc. 2013-09-08
あの頃を想いだす…瑞々しい感性の頃に接した、数々の名作。当時、よく意味が分からなくても、「感じたこと」は今も深く心に残っているはず…大人にな

小川 未明の著書を検索する

小川 未明の関連ニュース


小川 未明のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、小川 未明と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「小川 未明」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.