小川 環樹

(オガワ・タマキ)
小川 環樹(おがわ たまき、1910年10月3日 - 1993年8月31日)は、日本の中国文学者。字は士解。京都府京都市出身。主著に「唐詩概説」、「蘇軾」など、初心者向けの啓蒙書や訳書も多数著している。 家族 地質学者・小川琢治の四男。長兄は小川芳樹(金属工学・冶金学)。次兄は貝塚茂樹(東洋史学)で共編著がある。三兄は湯川秀樹(物理学、日本人初のノーベル賞受賞者(物理学賞))。なお、末弟の小川滋樹(ますき)は第二次世界大戦で戦病死している。 学歴 1928年 三高卒業 1932年 京都帝国大学文学部卒業、同大学院文学研究科進学 1934年 同修士課程修了、同博士後期課程進学 1934年 - 1936年中国留学 1938年 同中途退学 1951年 文学博士(京都大学、学位論文『元明小説史の研究』) 職歴歴 1938年 東北帝国大学講師 1939年 同助教授 1947年 同教授 1950年 東北大学退官、京都大学文学部教授 1965 - 69年 京都大学人文科学研究所教授も併任。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

小川 環樹の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

角川 新字源


小川 環樹 編集 /西田 太一郎 編集 /赤塚 忠 編集 /
角川書店

角川新字源



角川書店

千字文 (岩波文庫)



岩波書店

三国志〈上〉 (岩波少年文庫)


小川 環樹 翻訳 /武部 利男 翻訳 /
岩波書店

三国志 上 (岩波少年文庫)



岩波書店 2017-02-16
漢帝国が滅びると,中国には戦乱がつづいた.魏・蜀・呉の3国対立時代をへて司馬炎が天下を統一するまでの100年,いくたの英雄豪傑がいりみだれ,力のかぎりをつくして戦う.

三国志〈中〉 (岩波少年文庫)


小川 環樹 翻訳 /武部 利男 翻訳 /
岩波書店

三国志 中 (岩波少年文庫)



岩波書店 2017-02-16
玄徳の蜀,曹操の魏,孫権の呉と,天下は三国の対立時代に入る.ある時は,思いがけない策略で人の裏をかき,ある時は,並はずれた力で相手を圧倒しながら,波乱万丈の戦いは続く.

三国志〈下〉 (岩波少年文庫)


小川 環樹 翻訳 /武部 利男 翻訳 /
岩波書店

三国志 下 (岩波少年文庫)



岩波書店 2017-02-16
玄徳は志なかばで病死し,栄華をきわめた曹操も,玄徳の志を継いだ軍師孔明もまた他界する.戦乱の時代をいろどった英雄たちは,つぎつぎと世を去り,やがて司馬炎の天下統一へとむかう.

小川 環樹の著書を検索する

小川 環樹の関連ニュース


小川 環樹のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、小川 環樹と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「小川 環樹」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.