荻野 アンナ

(オギノ・アンナ)
荻野 アンナ(おぎの あんな、本名:荻野 安奈、 1956年11月7日 - )は、日本のフランス文学者、小説家。慶應義塾大学文学部教授。 出生名:アンナ・ガイヤールとして神奈川県横浜市中区で育つ。父はイタリア・スペイン・クロアチアなどの血筋を引くアメリカ人。母江見絹子は兵庫県明石市出身の画家で、岡本太郎らと交流した。荻野の文学研究や創作活動には、母親の強い影響があると自認している。 小学校時代に日本へ帰化し、荻野姓となる。 フェリス女学院高等学校、慶應義塾大学文学部仏文科を卒業。フランス政府給費留学生としてパリ第4大学に留学し、ラブレーを研究する。慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程退学。 慶應義塾大学商学部助手(1987 - 1995年)、慶應義塾大学文学部仏文科助教授(1995 - 2002年)を経て、2002年4月より慶應義塾大学文学部文学系仏文学専攻教授。 小説家としては1991年『背負い水』で第105回芥川賞を受賞。2002年『ホラ吹きアンリの冒険』で読売文学賞を受賞。2008年『蟹と彼と私』で第19回伊藤整文学賞を受賞。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第105回 芥川賞 / 第53回 読売文学賞小説賞

荻野 アンナの著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

マナーの正体



中央公論新社

中学生の教科書―今ここにいるということ



四谷ラウンド
帯あり。受け取られる方が不快に思われるような、傷みのひどい本、見苦しい本などは扱っておりません。本品は目立つような傷・汚れもなく、よい状態です。気持ちよく鑑賞していただけるのではないかと思います。専用

大震災 欲と仁義



共同通信社

恋人たち―アーム・スール


Jean‐Jacques Semp´e 原著 /荻野 アンナ 翻訳 /
太平社


荻野 アンナの著書を検索する

荻野 アンナの関連ニュース


荻野 アンナのウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、荻野 アンナと関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「荻野 アンナ」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.