荻原 博子

(オギワラ・ヒロコ)
荻原 博子(おぎわら ひろこ、1954年5月27日 - )は、日本の経済評論家、ジャーナリスト。長野県小諸市出身。 来歴・人物 長野県上田染谷丘高等学校、明治大学文学部卒業。 大学卒業後、経済評論家の亀岡大郎に師事し、亀岡大郎取材班グループで、ビジネス誌の記事を担当。1982年27歳の時、ルポライター転身を目指し独立。「満州・浅間開拓の記」という満州引揚者のルポを書くために、約1年間、長野県大日向村を取材。国が国民を棄て去る「棄民」を知り、戦争のひどさを精神的に受け止められず、本は完成し出版されたがルポライターの道をあきらめ、再びビジネスの世界で記事を書くようになったとしている。。 その後、テレビ番組のコメンテーター、解説者、パネリストとしても活動している。「ビートたけしのTVタックル」、「朝まで生テレビ」などの討論系バラエティにも積極的に出演している。 2014年、第27回日本メガネベストドレッサー賞・経済界部門を受賞。 主張 国とは、民のしあわせのためにあるべきで、国が民を踏み台にしたり、捨てるなどということは、絶対にあってはならないし、そういうことを二度とさせないために文句を言うのがジャーナリストの仕事だ、との信念を持つ。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

荻原 博子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

荻原 博子の著書を検索する

荻原 博子の関連ニュース


荻原 博子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、荻原 博子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「荻原 博子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.