荻原 井泉水

(オギワラ・イセンスイ)
荻原 井泉水(おぎわら せいせんすい、1884年(明治17年)6月16日 - 1976年(昭和51年)5月20日)は、日本の俳人。本名・幾太郎のち藤吉。 東京市芝区神明町(現・東京都港区浜松町)で雑貨商・「新田屋」の次男として生まれる。荻原家は越後国高田(現・新潟県上越市)出身で祖父・藤吉が家庭の事情で若いとき家を出奔して江戸に出てきたという。長男・長女を幼くして失ったため、延命地蔵で占ったところ「今度生まれる子は男の子であるから、幾太郎と名づけよ。必ず長命する。」というお告げがあり幾太郎と名づけられる。荻原家は家督を継ぐものは代々藤吉を名乗ることとなっており井泉水もこれを継いだが、幾太郎の名を好んだようだ。 麻布中学の頃より俳句を作り始める。正則中学、第一高等学校(一高)を経て、1908年(明治41年)東京帝国大学文科大学言語学科卒業。1911年(明治44年)新傾向俳句機関誌「層雲」を主宰。河東碧梧桐もこれに加わる。この年、谷桂子と結婚。1914年(大正3年)自由律俳句として層雲より創刊した初の句集『自然の扉』を刊行。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

荻原 井泉水の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

芭蕉名句 (現代教養文庫ライブラリー)



インタープレイ 2012-12-21
芭蕉・一茶研究に多くの足跡を残した著者が著した画期的入門書。「解することと味わうこと」「名歌鑑賞」「名句拾遺」の多面的な章だてと、春夏秋冬に分けて収録するなど工夫が凝らされ、俳聖の人と作品の全貌を描く

旅人芭蕉



春秋社

旅人芭蕉 (続)



春秋社

旅人芭蕉



春秋社

旅人芭蕉 (続)



春秋社

井泉句集 第3巻



層雲社

山頭火を語る



潮文社

山頭火を語る (潮文社新書)


荻原 井泉水 編集 /伊藤 完吾 編集 /
潮文社

尾崎放哉集ー大空 (1972年)


荻原 井泉水 編集 /
春秋社

小説芭蕉日記 (1964年)



朝日新聞社


荻原 井泉水の著書を検索する

荻原 井泉水の関連ニュース


荻原 井泉水のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、荻原 井泉水と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「荻原 井泉水」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.