小倉 千加子

(オグラ・チカコ)
小倉 千加子(おぐら ちかこ、1952年2月18日 - )は、日本の心理学者であり、フェミニスト。専攻は女性学、ジェンダー論、心理学。 来歴・人物 大阪府出身。大阪教育大学附属池田小学校・池田中学校、大阪教育大学附属高等学校池田校舎卒業。早稲田大学教育学部卒業。早稲田大学大学院文学研究科心理学専攻博士課程修了。大阪成蹊女子短期大学、愛知淑徳大学文化創造学部教授を経て、2005年に大学を辞職し、執筆・講演活動に専念する。聖心女子大学文学部・早稲田大学法学部非常勤講師をつとめる。1995年、「空間恐怖の精神病理に関する一考察-ジェンダー論的空間分離モデルの試み」で神戸大学から医学博士の学位を取得。 最初の著書『セックス神話解体新書』(1988年)において「男女間のセックス自体が男性による女性支配である」という主張を行なった。また、男女の婚姻に強く反対し、結婚制度だけではなく事実婚にも反対している。その後は、女性アイドル論や芸能人の人物分析などを行っていた。 ジョン・マネーの実験について 小倉は『セックス神話解体新書』の中で、ジョン・マネーの実験(割礼の時の事故でペニスを損傷した男児を性転換手術と教育で女性に改造するという内容)を取り上げた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

小倉 千加子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

猫なんて!



キノブックス

結婚の条件



朝日新聞出版 2012-08-01
結婚したいのに、なぜできない? 晩婚化から、さらに非婚化へと進む日本の結婚難現象の秘密を、芸達者の心理学者が明快に解き明かす。「純愛」の消滅、生存のための結婚、勝ち組専業主婦、成功恐怖、腰掛け総合職な

結婚の条件



朝日新聞社

増補版 松田聖子論



朝日新聞出版 2013-03-12
70年代の象徴・山口百恵のアンチテーゼとして80年に登場した松田聖子。二人のデビューの背景、衣装、歌詞、結婚観などを分析し、50歳となった今もなお女性たちを惹きつける「松田聖子」を読む。『結婚の条件』

幸福論



岩波書店


小倉 千加子の著書を検索する

小倉 千加子の関連ニュース


小倉 千加子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、小倉 千加子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「小倉 千加子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.