岡田 武松

(オカダ・タケマツ)
岡田 武松(おかだ たけまつ、1874年(明治7年)8月17日 - 1956年(昭和31年)9月2日)は、千葉県東葛飾郡布佐町(現・我孫子市)生まれの気象学者。第4代中央気象台長を多年に亘り務めた。 生涯 千葉県葛飾郡布佐町の海産物を扱う商家に生まれる。6歳で布佐初等小学校に入学、課外に和算を学ぶ。14歳で上京し、東京府立尋常中学校に入学し、19歳で卒業し、第一高等中学校に入学。物理学を中村清二らに学ぶ。同級に桑木或雄(あやお)らがいる。このころ利根川の水害が多発したこともあり、防災科学や気象学に関心を寄せる。。 東京府中学(現在の東京都立日比谷高等学校)、第一高等中学校を経て、1899年、26歳で東京帝国大学物理学科卒業し、ただちに中央気象台(現・気象庁)に勤務。技手として予報課に勤務する。大日本気象学会編(後に日本気象学会)『気象集誌』に論文を発表する。翌1900年(明治33年)、各測候所の勤務者対象とする気象観測練習会で、気象学の講義を受け持った。. 1905年には予報課長として日本海海戦当時の天気予報を出す。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

岡田 武松の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

北越雪譜 (岩波文庫 黄 226-1)


岡田 武松 監修 /
岩波書店

北越雪譜 (ワイド版岩波文庫)


鈴木 牧之 編集 /
岩波書店

北越雪譜 (岩波クラシックス 1)


鈴木 牧之 編さん /
岩波書店

気象学講話 (1936年)



岩波書店

増訂改版 気象学講和



岩波書店


岡田 武松の著書を検索する

岡田 武松の関連ニュース


岡田 武松のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、岡田 武松と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「岡田 武松」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.