岡嶋 二人

(オカジマ・フタリ)
岡嶋 二人(おかじま ふたり)は、日本の推理作家であり、井上泉(いのうえ いずみ、1950年 - 、多摩芸術学園映画科中退)と徳山諄一(とくやま じゅんいち 、1943年 - 、法政大学経済学部中退)によるコンビのペンネーム。名前の由来は「おかしな二人」。 1981年 - 『あした天気にしておくれ』が第27回江戸川乱歩賞候補となるも落選。 1982年 - 『焦茶色のパステル』で第28回江戸川乱歩賞受賞。デビュー作になる。 1984年 - 『あした天気にしておくれ』が第5回吉川英治文学新人賞候補となるも落選。 1985年 - 『チョコレートゲーム』で第39回日本推理作家協会賞長編賞受賞。 1986年 - ゲームブックの『ツァラトゥストラの翼』刊行。 1988年 - 『99%の誘拐』で、翌年第10回吉川英治文学新人賞受賞。 1989年 - 『クラインの壺』刊行を最後に、コンビを解消。その後、井上泉は井上夢人の筆名で創作活動を続けている。徳山諄一も田奈純一と変え、テレビ番組「マジカル頭脳パワー!!」の推理ドラマのトリックメーカーとして参加していた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第28回 江戸川乱歩賞 / 第10回 吉川英治文学新人賞

岡嶋 二人の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

クラインの壷 (講談社文庫)



講談社 2013-02-08
現実も真実も崩れ去る最後で最恐の大傑作。200万円で、ゲームブックの原作を謎の企業「イプシロン・プロジェクト」に売却した上杉彰彦。その原作をもとにしたヴァーチャルリアリティ・システム『クライン2』の制

クラインの壺 (講談社文庫)


菅 浩江 解説 /
講談社

そして扉が閉ざされた (講談社文庫)



講談社 2013-02-08
極限の密室事件――富豪の若き1人娘が不審な事故で死亡して3カ月後、彼女の遊び仲間だった男女4人が、遺族の手で地下シェルターに閉じ込められた。娘の母親の意図は何なのか、そもそもあの事故の真相は何だったの

99%の誘拐 (講談社文庫)


西澤 保彦 解説 /
講談社

99%の誘拐



徳間書店

99%の誘拐 (徳間文庫)



徳間書店


岡嶋 二人の著書を検索する

岡嶋 二人の関連ニュース


岡嶋 二人のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、岡嶋 二人と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「岡嶋 二人」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.