岡倉 天心

(オカクラ・テンシン)
岡倉 天心(おかくら てんしん、1863年2月14日(文久2年12月26日) - 1913年(大正2年)9月2日)は、日本の思想家、文人。本名は岡倉覚三(かくぞう)。幼名は岡倉角蔵。 横浜の本町5丁目(現・本町1丁目、横浜開港記念会館付近)に生まれる。福井藩出身の武家で、1871年に家族で東京に移転。東京美術学校(現・東京藝術大学の前身の一つ)の設立に大きく貢献し、のち日本美術院を創設した。近代日本における美術史学研究の開拓者で、英文による著作での美術史家、美術評論家としての活動、美術家の養成、ボストン美術館中国・日本美術部長といった多岐に亘る啓蒙活動を行い、明治以降における日本美術概念の成立に寄与した。「天心」は岡倉が詩作などの際に用いた号であるが、生前には「岡倉天心」と呼ばれることはほとんどなく、本人はアメリカでも本名の岡倉覚三 (Okakura Kakuzo) で通していた。 福井藩の下級藩士の父・岡倉勘右衛門は、藩命で武士の身分を捨て、福井藩が横浜に開いた商館「石川屋」(現・横浜開港記念会館)の貿易商となり、その商店の角倉で生まれたことから、覚三は当初「角蔵」と名付けられた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

岡倉 天心の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

茶の本 (まんがで読破)



イースト・プレス

新訳 茶の本 ビギナーズ 日本の思想<ビギナーズ 日本の思想> (角川ソフィア文庫)



KADOKAWA / 角川学芸出版 2014-01-23
『茶の本』(全訳)と『東洋の理想』(抄訳)を、読みやすい訳文と解説で読む! ロマンチックで波乱に富んだ生涯を、エピソードと証言で綴った読み物風伝記も付載。天心の思想と人物が理解できる入門書。

茶の本―The book of tea

¥1296

講談社インターナショナル
   国というものは最も荘厳な国家的儀式の一つを茶会の形式で実施すべきであるという考えは、少なくともこのレビューを読む人であれば琴線に触れるに違いない。外国人の多くにとってティーセレモニー、より正確に

茶の本 The Book of Tea【日英対訳】(対訳ニッポン双書)


松岡 正剛 その他 /
IBCパブリッシング

The Book of Tea 茶の本 ラダーシリーズ



IBCパブリッシング 2013-09-06
新渡戸稲造の『武士道』にも並び評される、日本が世界に誇る名著。明治時代、文明開化・西洋化が叫ばれる中、「唯一茶を通してのみ、西洋と東洋は理解し合うことができる」と、岡倉天心は時代の波にあらがうかのよう

英文収録 茶の本 (講談社学術文庫)


桶谷 秀昭 翻訳 /
講談社

茶の本 (講談社バイリンガル・ブックス)

¥1296
浅野 晃 翻訳 /
講談社インターナショナル

茶の本(和文)


ことのは出版 出版社 /野々宮 卯妙 ナレーション /
ことのは出版
ことのは出版 英語で書かれた【日本の心を伝える名著シリーズ】第三弾。 「日本人なのに読んでないの!信じられない。素晴らしい作品だよ」・・英文版を朗読しているNGO「国境無きアーティストたち」主宰のエク

岡倉 天心の著書を検索する

岡倉 天心の関連ニュース


岡倉 天心のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、岡倉 天心と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「岡倉 天心」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.