岡本 かの子

(オカモト・カノコ)
岡本 かの子(おかもと かのこ、1889年3月1日 - 1939年2月18日)は、大正、昭和期の小説家、歌人、仏教研究家。本名カノ。東京府東京市赤坂区(現東京都港区)青山南町生まれ。跡見女学校卒業。漫画家岡本一平と結婚し、芸術家岡本太郎を生んだ。小説家として実質的にデビューをしたのは晩年であったが、生前の精力的な執筆活動から、死後多くの遺作が発表された。耽美妖艶の作風を特徴とする。私生活では、夫一平と「奇妙な夫婦生活」を送ったことで知られる。 幼少期 代々幕府や諸藩の御用達を業としていた豪商の大貫家の別邸で誕生。大貫家は、神奈川県橘樹郡高津村(現川崎市高津区)二子に居を構える大地主であった。腺病質のため父母と別居し二子の本宅で養育母に育てられるが、この病気は晩年まで続いた。養育母から源氏物語などの手ほどきを受け、同村にあった村塾で漢文を習い、尋常小学校では短歌を詠んだ。 歌人として活動 16歳の頃、「女子文壇」や「読売新聞文芸欄」などに投稿し始める。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

岡本 かの子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

女体についての八篇 晩菊 (中公文庫)


安野 モヨコ 編集 /
中央公論新社

鶴は病みき 短篇小説集



Kindleアーカイブ 2015-10-01
原本出版年:1936 原本出版者:信正社本電子書籍は、国立国会図書館が所蔵し、インターネット上に公開している資料で、著作権保護期間が満了したタイトルの画像データを、Kindle本として最適

老妓抄 (青空文庫POD(シニア版))

¥432

青空文庫POD 2015-03-31

老妓抄 (新潮文庫)



新潮社

老妓抄 [新潮CD]



新潮社

老妓抄 (青空文庫POD(大活字版))

¥540

青空文庫POD 2015-03-31

老妓抄


ことのは出版 出版社 /Audible ナレーション /
ことのは出版
……目立たない洋髪に結び、市楽の着物を堅気風につけ、小女一人連れて、憂鬱な顔をして店内を歩き廻る。恰幅のよい長身に両手をだらりと垂らし、投出して行くような足取りで、一つところを何度も廻り返す。そうかと

老妓抄 (青空文庫POD(ポケット版))

¥432

青空文庫POD 2015-03-31


岡本 かの子の著書を検索する

岡本 かの子の関連ニュース


岡本 かの子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、岡本 かの子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「岡本 かの子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.