岡本 綺堂

(オカモト・キドウ)
岡本綺堂(おかもと きどう、1872年11月15日(明治5年10月15日) - 1939年(昭和14年)3月1日) は、小説家、劇作家。本名は岡本 敬二(おかもと けいじ)。別号に狂綺堂、鬼菫、甲字楼など。著名な作品は、新歌舞伎の作者及び「半七捕物帳」などがある。 元徳川幕府御家人で維新後にイギリス公使館に書記として勤めていた敬之助(後に純(きよし)、号は半渓)の長男として東京高輪に生まれる。1873年、公使館の麹町移転とともに麹町元園町に移って育つ。3歳にして父から素読、9歳から漢詩を学び、叔父と公使館留学生からは英語を学んだ。平河小学校(現麹町小学校)中等科第三級編入後、東京府尋常中学(のちの東京府立一中、現東京都立日比谷高等学校)在学中から劇作家を志した。卒業後1890年、東京日日新聞入社。以来、中央新聞社、絵入日報社などを経て、1913年まで24年間を新聞記者として過ごす。日露戦争では従軍記者として満州にも滞在した。吉原芸妓をしていた宇和島藩士の娘の小島栄を落籍して結婚。 記者として狂綺堂の名で劇評や社会探訪記事を書きながら、1891年、東京日日新聞に小説「高松城」を発表。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

岡本 綺堂の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

『岡本綺堂全集・242作品⇒1冊』



岡本綺堂全集・出版委員会 2015-01-13
「半七捕物帳」「修禅寺物語」「番町皿屋敷」などの代表作を始め、「中国怪奇小説集」や「世界怪奇名作集」などの翻訳作品、合わせて「242作品」を1冊に収録した、岡本綺堂の大全集。目次一覧から、目当ての作品

中国怪奇小説集 全220編



サキ出版 2014-01-12
本書は、青空文庫より以下を収録しています。 ◆中国怪奇小説集 01 凡例 ◆中国怪奇小説集 02 開会の辞 ◆中国怪奇小説集 03 捜神

サンカの民を追って (河出文庫)



河出書房新社 2016-07-29
近代日本文学がテーマとした幻の漂泊民サンカをテーマとする小説のアンソロジー。田山花袋「帰国」、小栗風葉「世間師」、岡本綺堂「山の秘密」など珍しい珠玉の傑作十篇。

百年小説



ポプラ社

見た人の怪談集 (河出文庫)



河出書房新社 2016-05-07

半七捕物帳(一) (光文社文庫)



光文社 1985-11-20
岡っ引上がりの半七老人が、若い新聞記者を相手に昔話を語る。十九のとき、『石燈籠』事件で初手柄をあげ以後、二十六年間の岡っ引家業での数々の巧妙談を江戸の世態・風俗を織りまぜて描く捕物帳の元祖!(全六巻)

岡本 綺堂の著書を検索する

岡本 綺堂の関連ニュース


岡本 綺堂のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、岡本 綺堂と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「岡本 綺堂」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.