岡崎 令治

(オカザキ・レイジ)
岡崎 令治(おかざき れいじ、1930年10月8日 - 1975年8月1日)は、日本の分子生物学者。広島市白島(現中区白島)出身。 広島高等師範学校附属中学校(現・広島大学附属中学校・高等学校)2年の時、原子爆弾の黒い雨を浴びた。その後、山口県立岩国中学校(現・山口県立岩国高等学校)、第五高等学校を経て、1953年、名古屋大学理学部生物学科卒業。発生生物学の山田常雄教授のもとで形成体(オーガナイザー)について研究。 1960年、ワシントン大学のストロミンジャー、アーサー・コーンバーグのもとに留学。スタンフォード大学を経て、1963年、名古屋大学理学部化学教室の鈴木旺教授の講座の助教授として帰国。 1966年、DNAの合成前駆体である短断片(岡崎フラグメント)を発見し、Proc. Natl Acad. Sci USA誌、ならびにコールドスプリングハーバーシンポジウムで発表する。1967年、同分子生物学研究施設教授。1970年、内藤記念科学振興賞受賞。1971年、朝日賞受賞。1972年、岡崎フラグメント間をつなぐRNAを見いだし、DNA非連続合成のモデルを完成させた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

岡崎 令治の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

岡崎 令治の著書を検索する

岡崎 令治の関連ニュース


岡崎 令治のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、岡崎 令治と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「岡崎 令治」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.