奥田 英朗

(オクダヒデオ)
奥田 英朗(おくだ ひでお、1959年10月23日 - )は、日本の小説家。主な作品に『最悪』、『邪魔』、『イン・ザ・プール』、『空中ブランコ』、『オリンピックの身代金』など。 経歴・人物 岐阜県岐阜市出身。岐阜市立金華小学校、岐阜県立岐山高等学校卒業。プランナー、コピーライター、構成作家を経て1997年『ウランバーナの森』でデビュー。新人賞経由ではなく、出版社への持ち込みでのデビューだった。1999年、『最悪』が「このミステリーがすごい!」2000年版で第7位に、2001年、『邪魔』が「このミステリーがすごい!」2002年版で第2位にランクインする。2004年に代表作である精神科医・伊良部シリーズの第2作目『空中ブランコ』で第131回直木賞を受賞した。 エピソード 大の中日ドラゴンズファンで、好きな選手に岩瀬仁紀を挙げている。また、中日戦ではスタンドでよく谷繁元信を野次っているという。 2006年に日本ハムが日本一になった後のNumber内でコラムを書いた。 作品は海外でも翻訳・出版されており、とりわけ韓国で人気が高い。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第131回 直木賞 / 第20回 柴田錬三郎賞 / 第43回 吉川英治文学賞

奥田 英朗の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ナオミとカナコ (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2017-04-11
望まない職場で憂鬱な日々を送るOLの直美は、あるとき、親友の加奈子が夫・達郎から酷い暴力を受けていることを知った。その顔にドス黒い痣を見た直美は義憤に駆られ、達郎を排除する完全犯罪を夢想し始める。「い

ナオミとカナコ (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2017-04-11

イン・ザ・プール



文藝春秋

イン・ザ・プール ドクター伊良部



文藝春秋 2012-09-20
体調不良のはずが水泳中毒に、ケータイがないと冷や汗がでる、勃起して、ずーっとそのまま直らない。藁をもつかむ思いで訪れた神経科で患者たちを待っていたのは──とてつもなくヘンな医者だった! カバと見まごう

空中ブランコ ドクター伊良部



文藝春秋 2012-09-20
跳べなくなったサーカスの空中ブランコ乗り。刃物はおろか机の角まで怖い尖端恐怖症のやくざ。ダンディーで権力街道まっしぐら、の義父のカツラを剥がしたくてたまらない医者。伊良部総合病院地下の神経科には、今日

空中ブランコ



文藝春秋
空中ブランコ [Apr 24, 2004] 奥田 英朗

恋愛仮免中 (文春文庫)



文藝春秋 2017-05-10

恋愛仮免中 (文春文庫)



文藝春秋 2017-05-26
人の数だけ、恋の形はある。奥田英朗、荻原浩、原田マハ、窪美澄という実力派の直木賞・山本賞作家に、新鋭の中江有里を加えた、豪華執筆陣によるアンソロジー。テーマは“恋愛”。

奥田 英朗の著書を検索する

奥田 英朗の関連ニュース


奥田 英朗のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、奥田 英朗と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「奥田 英朗」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.