奥泉 光

(オクイズミ・ヒカル)
奥泉 光(おくいずみ ひかる、1956年2月6日 - )は、日本の小説家。近畿大学文芸学部教授。 山形県東田川郡三川町出身。埼玉県立川越高等学校、国際基督教大学 (ICU) 教養学部人文科学科卒。同大学院修士課程修了(博士課程中退)。当初は研究者を目指しており、研究者時代の共訳書に『古代ユダヤ社会史』(G・キッペンベルク著、教文館)がある。 1986年にすばる文学賞に応募した「地の鳥天の魚群」が最終候補になり、後に「すばる」に掲載され小説家としてデビュー。1990年、『滝』が第3回三島由紀夫賞候補および第103回芥川賞候補。1993年『ノヴァーリスの引用』で野間文芸新人賞・瞠目反文学賞受賞。野間文芸新人賞は保坂和志『草の上の朝食』との同時受賞であり、対照的な作風が話題となった。1994年、『石の来歴』により芥川賞受賞。同作は英語、仏語などに翻訳刊行。1999年、近畿大学助教授に就任、現在教授。2009年『神器』で野間文芸賞受賞。2012年より芥川賞選考委員。同年、『桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』がテレビドラマ化された。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第110回 芥川賞 / 第15回 野間文芸新人賞 / 第62回 野間文芸賞 / 第50回 谷崎潤一郎賞

奥泉 光の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

漱石漫談


施川ユウキ イラスト /
河出書房新社

後藤明生コレクション3 中期


いとうせいこう 編集 /奥泉光 編集 /島田雅彦 編集 /渡部直己 編集 /
国書刊行会

夏目漱石:百年後に逢いましょう (KAWADE夢ムック 文藝別冊)


奥泉 光 編集 /
河出書房新社 2016-06-23

東京自叙伝 (集英社文庫 お)



集英社 2017-05-19

ビビビ・ビ・バップ



講談社 2016-08-26
「僕の葬式でピアノを弾いて頂きたいんです」それがすべての始まりだった。電脳内で生き続ける命、アンドロイドとの白熱のジャズセッション。大山康晴十五世名人アンドロイドの謎、天才工学少女、迫り来る電脳ウィル

後藤明生コレクション2 前期II


いとう せいこう 編集 /奥泉 光 編集 /島田 雅彦 編集 /渡部 直己 編集 /
国書刊行会

シューマンの指 (講談社文庫)



講談社 2012-10-16

シューマンの指 (講談社文庫)



講談社 2013-04-12
音大のピアノ科を目指していた私は、後輩の天才ピアニスト永嶺修人が語るシューマンの音楽に傾倒していく。浪人が決まった春休みの夜、高校の音楽室で修人が演奏する「幻想曲」を偶然耳にした直後、プールで女子高生

奥泉 光の著書を検索する

奥泉 光の関連ニュース


奥泉 光のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、奥泉 光と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「奥泉 光」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.