小野 正嗣

(オノ・マサツグ)
小野 正嗣(おの まさつぐ、1970年11月27日 - )は、日本の小説家、比較文学者、フランス文学者、立教大学准教授。 来歴・人物 大分県蒲江町(現佐伯市)出身。大分県立佐伯鶴城高等学校から一浪した後、東京大学文科I類に入学するも法学部には進まず、教養学部比較日本文化論専攻に進学、卒業。同大学院総合文化研究科言語情報科学専攻博士課程単位取得退学。マリーズ・コンデを論じた博士論文でパリ第8大学Ph.D。 1996年、新潮学生小説コンクールでデビュー。2001年、「水に埋もれる墓」で第12回朝日新人文学賞受賞。2002年、『にぎやかな湾に背負われた船』で第15回三島由紀夫賞受賞。2003年、「水死人の帰還」で第128回芥川龍之介賞候補。2006年に東京大学教養学部助手、2007年に明治学院大学文学部専任講師に就任(現代フランス語圏文学)。 2008年、「マイクロバス」で第139回芥川龍之介賞候補。2012年から朝日新聞書評委員。2013年、「獅子渡り鼻」で第148回芥川龍之介賞候補、明治学院大学文学部准教授。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第15回 三島由紀夫賞 / 第152回 芥川賞

小野 正嗣の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

経済成長がすべてか?――デモクラシーが人文学を必要とする理由


小沢 自然 翻訳 /小野 正嗣 翻訳 /
岩波書店

九年前の祈り



講談社 2014-12-19
「握っていなければならぬ貴重な手がふと離れてしまうとき、あたりにたちこめるとりとめのない時間は、甘美な苛酷さへとまがまがしく変容する。その一瞬に立ちあった者の心の乱れは、容易にはおさまるまい。『九年前

世界文学への招待 (放送大学教材)



放送大学教育振興会

九年前の祈り



講談社
【新品】店頭陳列しておりましたので、表紙にスレ傷などございます。販売年数が経っている商品に関しましては一部変色などがある場合がございますが商品には問題ございません。アマゾン配送センター在庫につき売り切

文学 (ヒューマニティーズ)



岩波書店
カバー他少しの汚れがあります。中は未読できれいです。

獅子渡り鼻 (講談社文庫)



講談社 2015-08-14
小さな入り江と低い山並みに挟まれた土地に十歳の尊は連れて来られた。言葉が話せず体も動かせない兄と尊を、都会の狭い部屋に残していなくなった母があれほど嫌っていた田舎。豊かな自然と大人たち、霊的なるものに

獅子渡り鼻 (講談社文庫)



講談社 2015-07-15

獅子渡り鼻



講談社


小野 正嗣の著書を検索する

小野 正嗣の関連ニュース


小野 正嗣のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、小野 正嗣と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「小野 正嗣」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.