小沼 丹

(オヌマ・タン)
主な受賞歴
第21回 読売文学賞小説賞

小沼 丹の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

小さな手袋 (講談社文芸文庫)



講談社 2013-11-29
日々のささやかな移ろいの中で、眼にした草花、小鳥、樹木、そして井伏鱒二、木山捷平、庄野潤三、西条八十、チエホフら親しんだ先輩、知己たちについてのこの上ない鮮やかな素描。端正、精妙な、香り高い文章で綴ら

珈琲挽き



みすず書房

村のエトランジェ (講談社文芸文庫)



講談社 2014-03-28
小さな村に疎開してきた美しい姉妹。ひとりの男をめぐり彼女らの間に起こった恋の波紋と水難事件を、端正な都会的感覚の文章で綴った表題作ほか、空襲下、かつての恋人の姿をキャンバスに写すことで、命をすりへらし

木菟燈籠 (講談社文芸文庫)



講談社 2017-01-13
そこはかとないユーモアやはにかみを湛えたかざりのない文章でどこか懐かしいような風景を描き上げて多くのファンを持つ“小沼文学の世界”。季節や時代の移ろいに先輩の作家や同僚の教員、学生時代の友人など愛すべ

小沼 丹の著書を検索する

小沼 丹の関連ニュース


小沼 丹のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、小沼 丹と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。