大江 賢次

(オオエ・ケンジ)
大江 賢次(おおえ けんじ、男性、1905年9月20日 - 1987年2月1日)は日本の小説家。鳥取県生まれ。日野郡溝口小学校卒業。
小学校6年生の時池田亀鑑により文学に開眼。21歳の時池田の引きで実業之日本社に入社。両親を失い故郷で1年間農業を営み23歳で再び上京、武者小路実篤の書生となった。出世作『シベリヤ』(1930年5月)で『改造』懸賞小説2等当選、全日本無産者芸術連盟(ナップ)に入った。『絶唱』(1958年)は、幾たびか映画化された。
原稿の他、映画化、ドラマ化され話題になった『絶唱』の下書きやビデオ、シナリオ、小学生時代の絵日記や俳句作品なども併せて寄贈された。
天空リフト(4月~11月)山頂展望台には、恋スポットちなんで恋おみくじを設置、密かなご当地ブームになっている☆彡☆彡
(Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

大江 賢次の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

大江 賢次の著書を検索する

大江 賢次の関連ニュース


大江 賢次のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、大江 賢次と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「大江 賢次」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.