大江 健三郎

(オオエ・ケンザブロウ)
大江 健三郎(おおえ けんざぶろう、1935年1月31日 - )は、日本の小説家、活動家。身長172センチ。 愛媛県喜多郡内子町(旧大瀬村)出身。東京大学文学部フランス文学科卒。大学在学中の1958年、「飼育」により当時最年少の23歳で芥川賞を受賞。サルトルの実存主義の影響を受けた作家として登場し、戦後日本の閉塞感と恐怖をグロテスクな性のイメージを用いて描き、石原慎太郎、開高健とともに第三の新人の後を受ける新世代の作家と目される。 その後、豊富な外国文学の読書経験などにより独特の文体を練り上げていき、核や国家主義などの人類的な問題と、故郷である四国の森や、知的障害者である長男(作曲家の大江光)との交流といった自身の「個人的な体験」、更に豊富な読書から得たさまざまな経験や思想を換骨奪胎して織り込み、それらを多重的に輻輳させた世界観を作り上げた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第39回 芥川賞 / 1995年 ノーベル文学賞 / 第26回 野間文芸賞 / 第34回 読売文学賞小説賞 / 第3回 谷崎潤一郎賞

大江 健三郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

死者の奢り・飼育(新潮文庫)



新潮社 2014-03-14
死体処理室の水槽に浮沈する死骸群に託した屈折ある抒情「死者の奢り」、療養所の厚い壁に閉じこめられた脊椎カリエスの少年たちの哀歌「他人の足」、黒人兵と寒村の子供たちとの無残な悲劇「飼育」、傍観者への嫌悪

万延元年のフットボール (講談社文芸文庫)


加藤 典洋 解説 /
講談社
万延元年のフットボール (講談社文芸文庫) [文庫] [Apr 04, 1988] 大江 健三郎; 加藤 典洋

万延元年のフットボール (講談社文芸文庫)



講談社 2013-11-29
友人の死に導かれ夜明けの穴にうずくまる僕。地獄を所有し、安保闘争で傷ついた鷹四。障害児を出産した菜採子。苦渋に満ちた登場人物たちが、四国の谷間の村をさして軽快に出発した。万延元年の村の一揆をなぞるよう

芽むしり仔撃ち(新潮文庫)



新潮社 2014-03-14
絶望的な"閉ざされた"状況にあって、疎外された少年たちが築き上げる奇妙な連帯感。知的な抒情と劇的な展開に、監禁された状況下の人間存在という戦後的主題を鮮やかに定着させた長編。ノーベル賞を受賞した大江健

大江 健三郎の著書を検索する

大江 健三郎の関連ニュース


大江 健三郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、大江 健三郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「大江 健三郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.